歌声の綴り部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 海外インタビューが発表されたそうです

<<   作成日時 : 2017/07/13 02:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 えぇっと、某所から経由で、嵯峨さんのツイッターより。



 むっふぅ。
 そして英語が読めない自分がここに!!\(^o^)/
 なんで公式の日本語訳版置いてないんだ・・・・よ!!?

 いや、一応スマホにもPCにも翻訳機能という便利システムは搭載されてはおるんやすが・・・ぶっちゃけ、ああいう類が翻訳した文章は、マジ堅くって読んでるだけで頭痛がするし。
 実際今日は頭が痛くってねぇ・・・余計に悪化したよ・・・。

 まあ、某所が軽く文章にまとめてくださったおかげで、先に内容を知ることができた分、読めたんですが・・・。

 内容はまあ、色々とあるようだけど見どころはどうして高橋さんがノムテツを雇ったかが分かった部分ですね。
 某所の文章を借りますが、どうやらゼノギアス開発前から、高橋さんはノムテツをデザイナーとしてゲームを作りたかったようなんですが、結果としては二人の道は分かれてそれが叶わず。

 だけどずっとそれがやってみたかったようで、此度のゼノブレ2企画の折りに任天堂と協議をしたうえで、御大自らスクエニに赴いて許可を得に行ったそうです。

 結果としてスクエニからもちゃんとOKもらって現在に至る・・・だそうな。
 
 某所の方も申してましたが、よくぞまぁノムテツさんの意思以前にスクエニからOKが出たもんで・・・。

 やはりFF黄金期を築く一端となった『スーパードット野郎のタカ』の異名を(ほとんど自称?)持つ高橋さんの名前はでかかったのか・・・それとも、いまだスクエニが版権を所有してるゼノギアスのほうで何らかのかかわりがあるのか・・・・。

 うーん・・・。
 妙にゲーム業界の裏事情に足を踏み入れがちなこのシリーズにおいて、今回はどのような事情がからんでいるのか・・・気になるの一言ですねぇ・・・・。

 あー。こういうの日本の雑誌でもまとめてくれませんかねぇ・・・。
 ゼノブレの時も初期発表から長かったしなぁ・・・。

 早くやってー情報開示してーエライヒトー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海外インタビューが発表されたそうです 歌声の綴り部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる