意外にもないのよ

 なんかツイッターからいきなり締めだされた・・・。
 フォロワーさんたちとゼノシリーズの話題で盛り上がってた最中だったから本当に悔しい。

 恐らくツイッター本体のサーバーメンテのあおりを受けたんでしょうが・・・(※実際締めだされる寸前、つぶやきが激減した)
 
 で、最後につぶやいたのが、ゼノギアス、ゼノサーガ、ゼノブレイド・・・のゼノシリーズにある各々の設定は、それぞれ濃度や量に差あれど、実は『本編でやれ(=設定資料集のフォローで十分)』的な部分が少ないな~って話。

 実際に少ないんだよね。
 ゼノギアスは若をはじめとするユグドラシル組や、ビリー一家にはぶっちゃけ外伝小説の一冊や二冊や三冊くらい出せね?的なエピソードがてんこ盛り。
 だけど・・・本編で出すほど・・・でもないんだよ。
 本編の状況が状況だったせいもあるけど・・・出したら逆に蛇足になってたろうな的な。
 ある程度語られてたおかげかも知れませんが。

 先生の過去なんて本編じゃまったく触れられてもないせいで、設定資料集を初めて読んだた時、

「どええええええええええええ!!?あんの鬼畜眼鏡にそんな過去あったのかああああああああああああああああああ!!!」

 的なリアクションでした。あれは本当に驚く・・・本編での先生の性格が性格ゆえに察することは不可能だし。
 過去のエピソードにしても設定資料集で十分!なんですよね。
 ・・・ただし・・・・・・過去のエピソード及び最終作の製作が断念され、PW絶版により、数多のプレイヤーがその『フォロー』という名の恩恵を受けれるものが少なくなった現在は事情がかなり変わりますが・・・。

 ゼノサーガは・・・あれは量が多すぎて本編で語ったら完全に・・・うん・・・タダでさえgdgd感があったのに、トドメ刺される。
 とはいえ、『本編でやれ』を『きちんとゲームにしろ』という意味でなら割とあるか。
 『パイドパイバー(これはケータイでやれたが)』、『ミッシングイヤー』しかり。
 あとDSで一瞬だけ語られた、『過去にアニマの器が関わった様々な事件』とかね。

 ゼノブレイドは・・・あれは問題なし(キッパリ)
 それだけゼノブレという作品は、あえて大味だったというか、姉妹作を考えたらありえないくらい一作でまとめ上げたと言うべきか・・・。
 詳しくもっと語ってほしい!って部分があるが・・・。

 こういう魅力があってこそのゼノシリーズ。
 そろそろ新作が出てほしい!w



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック