歌声の綴り部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 閃レポ:《C》の正体その他諸々々々々々々・・・

<<   作成日時 : 2014/02/13 01:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 本題の前に・・・

http://shingeki-kyojin.com/archives/36317744.html

 いつかの記事の際にはあえて書きはしませんでしたが、やはり無用な余波を被る羽目になりましたか・・・・。

 まったく・・・文句を言った奴は私がぼこぼこにしてやりたいものですo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!


 とりあえず本題へとー。

 『閃』は・・・休みなのをいいことに思いっきり進めました・・・w

 《VII組》の学院祭での出し物である『コンサート』も無事に発表できましたよw
 ルーファス卿とレーグニッツ知事は意外にウマが合うのには笑いましたねw

 その弟+息子がそれぞれにカードゲームでおちょくってたのには笑いましたw

 二人とも人間性は決して悪い人じゃなさそうですし・・・各々の立場や政治的な考え方の違いが無ければよい関係なのでしょう。

 他にもオリヴァルトやアルフィンにクレア大尉もやってきましたw

 さて・・・それはさておき、華麗に適当に終わらせられた貴族組《I組》のオペレッタ(パトリック「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」)の次がいよいよ《VII組》のコンサート。
 親父の命令で令嬢風に着飾ったアンゼリカ先輩もやってきたし(ラウラ(・・・私だけ抱擁されてない・・・))、満を持して・・・ですね。

 一曲目は曲名『世の礎たるために』をBGMにマキアスとユーシスのデュエット。
 女性生徒の黄色い悲鳴が聞こえてきますw

 ・・・うち数名はラウラ親衛隊の、ラウラの衣装を見ての悲鳴でしょうが・・・w

 二曲目は・・・・・・・・・・・BGMがどうしてもわからんかった・・・(´;ω;`)
 エマをメインパートに、エマ、フィーちゃん、ミリアムのトリオ

 演出はさておき・・・ここまで豪華にやっておきながら、なんで肝心のボーカルを入れなかったのか。
 楽しみにしてただけにそこが非常に残念です。

 さて最後は・・・アンコールとして、『空』からやってきた人たちのサプライズなのか、クロウの采配でエマをボーカルとしつつ、メンバー全員による『I Swear...』を。
 オリヴァルト皇子がノリノリで歌うのに参加してたのが良かったですねw

 コンサートは最高の終わり方をした上で終了。
 その完成度はパトリックがわざわざクラスにまで乗りこんで遠おおおおおおおおおおおお回わあああああああああああああしに褒めるほど。

 もちろん、アンケートでの人気投票は《I組》を抑えての堂々第一位!
 みんな頑張った甲斐があったものですが・・・なおのこと歌も聴きたかったですねぇ;

 その後はグランドに出ての後夜祭。
 ここで、今までの好感度とか積み重ねの結果・・・絆イベントが発生します!!

 ユーシスやラウラとのイベントをやりたく、今まであれこれ頑張った結果、イベント発生が可能なのは・・・


 フィーちゃんとミリアム


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・orz
 何故なのよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!?;;;;

 どうやら今までやってきた絆イベントの内容にもよるらしい・・・。
 ひっでぇよ・・・ここまで頑張っておかせながら・・・orz

 ちなみに条件によってはサラ教官やトワ会長のイベントもありだそうです。
 会長のいべんとおおおおおおおおおおおおおお!!!

 フィーちゃんはリィン君と一緒にいることで、《猟兵王》と一緒にいたころと同じような安心感が得られること、ミリアムは《VII組としての自分》と《情報局としての自分》のどちらが本当の自分なのかという悩みを。

 肝心のキャラ達のは見れなかったですが、この二人のも非常に見ごたえありですw

 そうやって和んでエリゼと談笑して、オリヴァルト皇子やアルフィン皇女、クレア大尉とも談笑してたんですが、クレア大尉のARCUSからの通信によって自体はいきなり緊迫モードに。

 単なるお客として来ていた各々の保護者達も帰ってしまい、代わりにやってきたのが学院長とトワ会長。

 クレア大尉がたった今得た情報と、学院長がもたらす情報・・・それは、クロスベルからの攻撃によって《ガレリア要塞》が謎の消滅をしたことだった・・・。

 その辺は『碧』が詳しいのですが・・・正確には謎の人形兵器によって第五機甲師団が壊滅させられたことで、反撃とばかりに《列車砲》をマジでクロスベル市街に撃とうとしたのを、クロスベルが保有する・・・と思われてるがちと違う別の人形兵器によって阻まれた揚句、謎の攻撃による消滅・・・が正しいわけで・・・。

 もっともガレリア要塞が消滅したことで《列車砲》の砲撃関連の証拠はクロスベル側の証拠しかないんですがね・・・。
 そのためなのか、帝国政府側があえて伏せてるのかは不明ですが、《帝国時報》などの報道機関はあくまでクロスベル側の攻撃・・・のみ伝わってるようですね。
 ・・・・・・・・・・・もっとも《帝国時報》に掲載されてる写真は、クロスベルサイドかつ、やや上空からの撮影だから・・・。
 単にスタッフが手を抜いた可能性(マジ失礼)も捨てきれないですが・・・一体どういうことなのか・・・。

 とりあえず・・・そんな緊迫した数日後・・・授業は中止した上で正午からオズボーン宰相からラジオで生中継で演説を行うという情報が。

 ひとまず自由行動に・・・ってことなのですが、何故かミリアムとクロウが朝から教室にいない。
 リィン君が探しに行ったところ、ミリアムは《旧校舎》のあの人形兵器が格納された場所にいて、どうやら宰相の命令で《旧校舎》の監視+別の任務で《VII組》に編成されたことが判明。

 あとはクロウなんだけど・・・街にもいない。どうやら駅で帝都の宰相が演説するという広場まで見学に行くという情報のみ。

 諦めて正午のラジオを聞くことにしたんだけど・・・ちなみに中継のアナウンサーはミスティで、エマは彼女の声を知ってる模様・・・。

 宰相の演説は当然ながらクロスベルに対しての帝国の立場を明確にしながら、クロスベルへの断固とした報復の意思を国民に伝えること。
 もちろん《列車砲》を本当に撃ったことは伏せながら。

 ここまでは予想できたことなんだけど・・・その予想をたたき割るように・・・ミリアムがクロウのARCUSに通信をかけたことで確信を得るのと同時に判明したのが・・・。

 ミリアムが士官学院に編成したのは《C》の正体候補の一つである『トールズ士官学院の関係者』を洗い出すこと。

 そして、ようやく確信へと至った答えが・・・クロウ・アームブラストこそが《C》本人であること。

 《C》は宰相がいる広場から遥か向こうの建物から、《ルーレ》の鉄鉱山でやったように長距離狙撃で、宰相を銃撃。
 狙いは見事宰相の心臓部分に命中。
 会場は阿鼻叫喚の渦に。

 ・・・もっとも、あの瞬間だけは確かにクロウは宰相を出し抜いたわけですが・・・クロウの正体に気付きかけていた宰相は、この狙撃すら武器にできる手札を残してそうですがね・・・。

 そのクロウは駆けつけたクレア大尉に銃口を突き付けたわけですが・・・どうやらクロウはそうそう簡単に捕まる気もなく・・・。

 一方、ラジオでの音声のみで状況が分かりにくいのがリィン君たち。
 このまま音声だけで状況判断しろとかそういう無茶をする羽目になったでしょうが・・・それに待ったをかけたのが中継をやってたミスティこと、オペラ歌手◦ヴィータ・クロチルダだった。

 彼女は連れ歩いてる『蒼い鳥グリアノス』を媒介して?《幻想の唄(ファンタスマゴリア)》を発動。
 すると黒板がモニターとなって、映ったのは250M級の貴族連合所有の飛空挺と、《ルーレ鉄鉱山》で横領しまくった鋼鉄と、極秘と言われるラインフォルト社第五支部の技術によって作り上げた巨大人形兵器《機甲兵(パンツァーゾルダ)》

 はっきり言ってノリは某フルメタか、某ゼノシリーズである。
 『王道RPG』の名前はどこ行った。

 その《機甲兵》を動かしてるのはカイエン公が雇った《西風の旅団》の残党。フィーちゃんのかつての仲間たち。
 《機甲兵》で首都防衛の第一機甲師団をなんなく蹴散らしたところで映像は終了。

 今後についてどうするのか・・・身内のやったことに憤りを覚えたり、安否する面々だけど、今度は何故かその《機甲兵》と領邦軍がトリスタに迫ってるという情報が!

 サラ教官を追う形でリィン君たちも街防衛の手助けをすることに・・・。


 端折りつつでしたが・・・さすがに疲れたぁ・・・;
 明日にはクリアできそうですが・・・この状況・・・やばい・・・;

 ぶっちゃけゼノシリーズみたいにあんなでっかい鉄のヒトガタ兵器に生身で挑むって普通は無理だっつの;;;
 ・・・・・・・・・・・・・・FCからやってますが、ああいう形態だと「なんかちがうー!」になっちゃうんですよねぇ・・・w

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
閃レポ:《C》の正体その他諸々々々々々々・・・ 歌声の綴り部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる