電撃オンラインで『白き魔女』記事になりました。ネタバレェェェl!!!





『英雄伝説III 白き魔女』20周年!
『閃の軌跡II』のルーツとなる日本ファルコムの名作RPGを大量の画面写真でプレイバック



 ネタバレェェェェェェ!!!!


 まあ、20年前の作品だしね・・・。
 『ゼノギアス』もわりかしネタバレしてたし(缶詰成分高し)

 でも、記事としては嬉しいのですが・・・先の生放送と言い、自分のガガーブトリコロジーの世界観説明の記事において、何が何でも隠し通すって決めてたことが完全に暴露された形になってましたので・・・。
 なんとも複雑っす;

参照先リンクある記事↓

 ガガーブ考察関連ページまとめリンク部屋


 ゲルドに関してはとっくの昔に死んでるという真実に関しては示唆する程度に留めておいたのですが・・・誰がゲルドをやったのか、英伝3のラスボスは誰なのか、そういう部分は地道に隠してましたねぇ。
 とはいえ、ラスボスはイザベル関連の文章呼んでたら気付くだろーけどw

 ただ、レバスは・・・うん、これだけは隠し通したかった;

 実際レバスにしろ、イザベルにしろ・・・本当に『悪』ではないんですよ・・・。
 やったことに関しては許されないことですが、それでも二人とも、女王として、王家を守る占星術師の家系の当主として、自分たちの守るべき世界と民のために20年間ひたすら戦い続けて、ジュリオ達の意思を尊重する形で正々堂々と戦って・・・。

 20年間ティラスイールに住んでたわけですから・・・・レバスは完全に押し殺してた気もしますが、イザベルに関しては・・・複雑ですね。
 特に『檻歌』をやってたら分かりますが、その『計画』を実行に移すまでどれだけ議論を重ねたり、両方の世界を救えるかどうか悩んでた末なのかが分かってしまいますし。

 本当にファル学で彼らがゲルドと一緒にいたり、だらだらやってるのを見ると本当に胸が痛みます;

 ほんと、いい作品ですわ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック