『閃の軌跡』にて登場した騎神の総数は6機である可能性がある・・・?

 と、半ば困惑しまくってる状態でこんばんわぁ( ^-^)ノ(* ^-^)ノ
 
 事の始まりは昨夜の寝る前・・・。
 昨日のブログの内容が、『英雄伝説5海の檻歌』のPC初回版に入っちゃってたデバッグモードの解説紹介ネタだったんですが・・・。
 それに関連するように、ふと、なんとなく手にとって軽ーーく読もうと思ったのが・・・



 これです。
 ちょっとした設定から、『ガガーブトリコロジー』本編シナリオ内のセリフもすべて網羅してるというスグレモノなのですw(ただし『英伝4』はWin版のみです)

 で、適当にちょろ~っとだけ読んで寝ようと思って、適当にページを開いたのが『海の檻歌』の本編セリフ集のところ。
 ちょうど、《グリム橋》内部にある遺跡から『共鳴石《精霊》』を回収するところでした。

 そこまでは良かったのです。
 ただ・・・うん・・・すんごい、びっくりした。

 『共鳴石』は・・・『共鳴魔法』とは平たく簡単に言うと、『海の檻歌』独自の魔法システムで、石自体に特定のフレーズが刻んであって、その数は24個。
 その石に刻まれたフレーズを奏でることによって、フレーズに込められた力がメロディーという流れから解放されて、『魔法』として発動する・・・といった感じ。
 で、その24個のうちの1つ《精霊》とは、ガガーブの精霊神に使役されてる精霊たちを召喚し使役するという内容で、対応属性の『共鳴石』を手に入れることで、初めて彼らと出会うことができ、戦って勝つことによって『共鳴石《精霊》』を入手できるのですが・・・。

 その精霊の名前にびっくり。
 出てきた順ですが・・・。

地の精霊グランディス

水の精霊ネライディア

炎の精霊アリマージュ

風の精霊ラファーリア

光の精霊リュミエール


 そして・・・



闇の精霊エレボニウス


 ・・・ここでまさかの『閃』のキャラ戦闘ラスボスの名前が出てくることにびっくりしました・・・。
 これは単純なまでに偶然と見るべきなのか・・・。

 ヴァリマールは《灰の騎神》・・・『闇』属性にも『光』属性にも該当できる名称で・・・どういうことなのか・・・。

 ちなみに、ググってもその辺に関しての突っ込みが見当たらないのは恐らく『共鳴石《精霊》』自体が割と扱いにくい分類にあるのと、基本的に『アサンブル魔法』使ったほうが早いので、終盤以外で装備した人自体少ないのが原因だったのに一票w

 で、話を戻しますが・・・。
 もし、もし、《ロア・エレボニウス》の名前の由来が、『このエレボニウス』から来ているのであるのなら、それは同時に同位精霊であるグランディスやネライディアも今後何らかの形で出てくる可能性があり、
もし、出てくるとするのなら、それは《騎神》の『最後の試し』の番人である可能性もあるわけで・・・。

 言い換えるなら、自動的に騎神の数は計6という可能性もあるわけです。

 まあ、あくまで極端な考えですが・・・。
 『エレボニア』の語源が『エレボニウス』から来ているのであるのなら、自動的に『それ』が守っていた《ヴァリマール》が騎神の中でも特別である可能性すら出てくる。
 クロウの《オルディーネ》を守っていた?番人が『ネライディア』という名を持つ『何か』である可能性も捨てきれませんが、どの《騎神》も《エレボニウス》の名を持つ『何か』である可能性もあります。

 ・・・・さっきから『可能性』『可能性』『可能性』と連呼してますが、あくまで私の想像でしかないのです;;

 だけど・・・6機かぁ・・・。
 そうなると・・・《ヴァリマール》が帝都に程近い《トリスタ》
 《オルディーネ》は恐らく第三章でB班が向かった《ブリタニア島》である可能性がちょこっとだけあって・・・。

 あとの4機がどこにあるかが問題ですね。
 
 候補としては《レグラム》の《ローエングリン城》の謎の扉の向こう側、《ノルド高原》にある巨大な顔面岩。
 他に無理にひねるとすれば、ハイアームズ家の領土のどっか・・・かな?
 ログナー家の場合、《ノルド高原》から離れているのがネックなのが気になりますが・・・。

 もしくは、5機すべてが『覚醒』することによって、《騎神》を超えた存在(しいて表現するなら《機神》か?)になって、《第6の騎神》にして《機神》が出る・・・とかそんな無茶なシナリオになったらどーしよー・・・w

 実際、『エレボニウス』、ひいては『エレボニア』ってどういう意味なんでしょうかね?
 調べても全然出てこないしで。
 ↑の他の精霊たちの名前はどうやらフランス語から直接だったり、多少いじったりしてるっぽい。
 なので、『エレボニウス』も本来の語源はフランス語からきているはず・・・。
 まさか、これだけ適当につけちゃったヽ(°▽、°)ノってオチはないはわーだし。

 う~ん・・・・;さっぱり分からん。
 そもそも、『海の檻歌』に登場した精霊と同じ名前な理由も分からんしで。
 これで単なる・・・《ヘイムダル》にあった貨物船『エスペランサー』よろしく、ファンサービスってわけないだろーしで(本当にファンサービスなら『エレボニア』の国名自体がファンサービスってオチで・・・)

 単なる偶然か、ファンサービスか、意図的な何かか・・・本当に『可能性』が出てくるだけで、なにも分からないですね・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック