ねんがんの閃の軌跡IIの攻略本をてにいれた!

 今日はお休み・・・だったので、近場にあるでっかい本屋へと買い物ついでに行ってきました。
 それで・・・

画像


 でけぇ!!!!?


 ・・・・・ページ数だけは聞いてはいたんですが・・・・こうも並んでるとかなり壮観と言うべきか・・・w
 もうツッコミ入らねぇっすって気分wwww

 ちなみにこれ、本棚にはちゃんと並んでない・・・・まだ梱包前って感じですね。
 一応レジに持って行ったらお会計しても大丈夫だけど。

 なわけで・・・・ちょっとだけ電撃のほうの4コマ・・・ちょこっとだけ読みました;
 といっても、そんなの良くないって分かってるので、トヴァルさんが映ってる部分だけ読みましたね。

 《起動者》ごっこしてるトヴァルさんもだけど、ペコちゃん顔したトヴァルさんが可愛かったw

 で、私が買ったのはファミ通の方。
 とある筋からの情報で、社長のインタビューに『白き魔女』に関して語ってる部分もある、という話を聞いての購入でした・・・・・w
 最近、ファル学3巻カバー裏見るだけで「でへへーw」になっちゃうくらいゲルドに関しては壊れ気味になっちゃうレンさんなのでw 
 軌跡マガジンvol9のファル学(4関係掲載分)の最後に収録されてる話が入ってるのを見た瞬間、どれだけエキサイティングに大崩壊したか・・・・・!!!!!!w
 可愛いは正義なのです!!!!!!w

 ま、とはいってもさすがにゲルドに関して語ってくださったわけじゃなく、あくまで作り込みの例え話に持ちだした程度でしたが・・・・・・・・。

 最初に舟乗るまでに、最初の村・・・《ラグピック村》に戻ることできたんかい;
 ちなみに言及されてた『親子連れの旅行者』ですが、過去にラッピィことミッシェルさんことラップ爺さんに命救われてて、それに関してのお礼を言いに・・・だそうです。

 てか・・・・英伝4Win版で最初に辿り着く街に行くまでに、最初の村に戻れるのは知ってましたが(ちなみにそれやらないと本コンプできない)まさかなぁ・・・。

 『白き魔女』Win版はグラフィックのド荒さもあってあんまり2周目めんどくさくってヤなのですが・・・・それは気になる・・・;

 で・・・・話を戻しますが・・・・(我に返った)

 インタビューの内容は『閃II』を作るにあたって気をつけたこと、このシーン、あのシーンはどういう意図があったのか・・・・そういう説明がありました。

 例えば本来なら、終章で終わってたはずの『閃の軌跡II』ですが、作ってる最中に必要だと判断してクロスベル編ならびに後日談を入れた話とか。
 ちなみにロイドの相方はリーシャかティオすけかで悩んでたそうですが・・・・選択肢に出てこなかったエリィさんェ・・・・;;;;

 あとは《黒の工房》についても触れられてましたね。
 《十三工房》自体が一つのネットワークのような存在であり(言い換えれば《エプスタイン財団》もそのネットワークに絡んでる可能性が大いにあるわけで。※『碧』終章の主任のセリフを思い出そう)、《黒の工房》はその一つであれど、《結社》より大きな組織である可能性がある・・・ということとか。

 オズボーンがああなった理由は・・・・とりあえず、その『当時』に何か大きな事態があったが所以、だけの説明はありました。
 当時といえば・・・・《百日戦役》か・・・。

 肝心の攻略本としての内容は・・・・・・・・・・すみません、バタついてたのと、置き場所整頓するのに時間使って全っ然読んでないっす;

 ただ、社長のインタビューだけでなく、《帝国時報》、《賭博師ジャックII》の閲覧ができる上に、2周目以降の限定イベント《黒の司書》が全文読めるのが非常にありがたいところです。

 あ、ちなみに幻の『アリサの人に見られたら恥ずかしいコス』はやっぱり非公開です。
 残念!!!!

 うーん・・・でもやっぱり電撃の4コマも気になります・・・w
 スペース的にも出費的にも厳しいだけに・・・・なんともですね;



日本ファルコム公式 英雄伝説 閃の軌跡II ザ・コンプリートガイド
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本ファルコム公式 英雄伝説 閃の軌跡II ザ・コンプリートガイド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック