ミァンの合同誌だと・・・!?

 今日、仕事からふらふらで帰ってPC立ち上げて、なんとなーくピクシブに行って、『ゼノギアス』のミァン・ハッワーを間違えてタグ検索かけたら発見したものが。

画像


画像















画像

 ↑リアルでこういう反応になったてか、こういうの待ってたああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!


 まさか冗談抜きで『偶然』ミァンの名前のタグ検索かけちゃったらこれを発見して・・・。
 なるほど・・・これがゾハルによる事象変移の力ってやつか!!!w

 ちなみにページ主のクノさん、もう一人の作家さんである若狭さんはこちらを参照に・・・ですね(参照になるのかどうかはさておき;;

http://singen-des-engels.at.webry.info/201501/article_13.html

http://singen-des-engels.at.webry.info/201501/article_26.html

 こういうのを書いてる方々です。
 どちらも本当に、本当に『ゼノギアス』という作品をとても愛してるのが分かるくらいにきっちり書いてまして・・・キャラ描写だけではなく、PWや本編中のわずかな描写でしか描かれなかった過去のエピソードの世界観も、思わず「もうこれ公式でいんじゃね?」ってレベルなくらい納得いくレベルで描かれてます。

 なわけで、クノさんの『サイレントマジョリティω』だけでも読む価値は非常にあります。
 すっげー面白いのでw

 若狭さんのセラフィータ&トロネの過去話も素晴らしくって・・・セラフィータのはトリハダものだったなぁ・・・恐ろしくって・・・・・(遠い目)
 トロネは悲しすぎて泣いた(´Д⊂

 そんなお二方が書かれた作品だけあって、今から非常に楽しみになっておりますw

 どの『ミァン』の話も楽しみですが・・・M096『老いたミァン』や、M097『カレンだったミァン』の話が気になってしょうがないですね・・・・前者はともかく後者は色々と吐きながら読むでしょうが((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

 ・・・ミァンはねぇ・・・。
 個人的には好きキャラというよりも、『恐ろしい』って思ってるキャラで・・・RPG史上女性黒幕で一番恐ろしいヒトじゃないでしょうか?
 『ゼノギアス』という生々しい描写がある作品だからなんでしょうが、『女性という部分』をあそこまで武器に・・・自分自身を道具同然に扱う・・・・。
 彼女の特性を考えたら、当然の行為だったんでしょうが・・・・何にせよ恐怖すら感じます・・・。

 だからこそ、本編で描かれてない『彼女』に対して非常に興味があるのですw

 問題は・・・・通販での販売があるかどうかでしょうね・・・多分やるでしょうが・・・そこは夏コミの結果次第かな?
 あぁ!!でも本当に欲しいマジで欲しいです!!w

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ちょっと紹介したい

    Excerpt: エーテルアンソロを除いた既刊で特にオススメしたいのは、歴代ミァンについて本気だして考えた合同本。大分在庫が減ってきているので、興味のある方はお早めにお願いいたします!【7/5オンリー】MYYAH .. Weblog: 歌声の綴り部屋 racked: 2018-06-30 02:45