そろそろクリアするべきか・・・+ゼノブレクロス考察

画像

リン「はーい!倉庫漁って出てきたこの《ふぃるむかめら》の試用テストやりますよー!セリカさん、笑ってー!せーの!」

エレン「ふわああぁぁ・・・(あくび)」

セリカ「じぃぃぃぃぃ・・・・・」

リン「」

 そんなわけで現在セリカちゃんを初めてパーティに入れて放浪してる最中です。
 
 ドールも、リンちゃん、エルマさんのLv30ドールの上位互換版を手に入れたりと財産も割かし余裕。
 本当は超兵器ほしいんだけど・・・素材をメモれる機能とかあれば便利だったのに;;; 

 とりあえず・・・・・そろそろクリアしようか考えてる最中だったりします;
 いやなぁ・・・とあるゼノの森のお兄さんが完全コンプしかけてるようで・・・それでなんとなく現状(クエめぐり)から脱したくなったというか;
 『ゼノブレクロス』は面白いんだけど、前作の『ゼノブレ』に比べるとNPCがそこまで「生きて」ないんですよねぇ・・・・。
 ゼノブレは滞在時間を過ぎると、みんな自分の家に戻ったりして・・・そういう生活臭があった。
 でも、ゼノブレクロスは基本みんな24時間営業だから・・・。

 そこが不満ですねぇ;
 BBだから・・・ってノポンや他宇宙人でも24時間活動してるヒトって結構いるし;;

 そういえば・・・BBって・・・基本的に死んでも、新しいBB体に意識が転送されて、不老不死の永久を約束された身体なんですよね?(ただし本体が保存されてるセントラルライフの稼働時間が過ぎれば・・・だけど)
 まあ、ある程度の損害ならともかく、完全に大破だとセントラルライフ抜きで蘇生は不可能のようですが・・・。

 気づいてはいるけど、かなり曖昧な設定な気がする;

 でも・・・ラオの・・・11章終盤のラオの上記のセリフから考えるに・・・ある意味では『ゼノギアス』のミァンに通じる設定でもあるんですよね・・・。

 彼女の場合、デウスの復活プログラムとして・・・意識が顕在している肉体が死んでも、あの星のヒトの別の女性がミァンとなって活動する・・・。

 あらかじめ搭載されてたコンピューターウィルスの類と考えるべきなのか・・・・いや、『元から存在している』、『設定されてる』という時点で、ウィルスではなく単純なプログラムの一種とみなすべきなのか・・・。
 
 ただ、彼らの場合、明確な意志を持って・・・《神の復活》とか壮大な目的を持ってない・・・所謂『人間』だから、永久に生き続ける肉体、という心理的負荷に耐えきれない。
 ましてや、絶望してるのに・・・例えBB体を自壊させても、どこにあるのかも分からない肉体が残っている限り、その『意識』、『魂』は消えることは無い。

 ストーリーが進むにつれて・・・異星人たちがドヤドヤ増えまくってるのもあるんでしょうが・・・ライフの稼働時間の限界が徐々に近づいていくのをなんとなく察してる人たちもいるのでしょう。
 NLAの治安が悪くなってるのも、そういう心理的負荷に耐えきれなくなったから・・・と考えてもいいのかもしれませんね。

 ・・・ゼノってさ・・・初代のゼノギアスから作風もストーリーも大分変っちゃってはいるけど、

肉体に宿る意識の存在
どこから来てどこへ行くのか
「こうしたい」、「ああしたい」と思う『自分』は一体どういうことなのか

ただの肉体・・・脳から発する信号の一種に過ぎないのか、
はたまた『魂』という存在が本当にあって、
それを『自分という存在』を形作っているのか・・・。

 この部分だけは一貫して存在している気がしますね・・・(ゼノブレはシュルクとかね)

 あぁ・・・完璧に考え任せだから、内容グッチャグッチャだ;


 とりあえず・・・・う~ん・・・やっぱりそろそろクリアしようかな・・・ってか、シンプルクエストって無限増殖とかそういうのじゃないのね;;;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック