ファルコム学園4巻ゲットしましたw

 ファルコム通販で頼んだ『ファルコム学園』の4巻、昨日届きましたw

 ちなみに送料考えて一緒にと思って『白き魔女』のサントラ前編もゲットーw
(後編はアマゾンで手に入れました。な、涙が止まらん;)

 本当は昨日の時点であれこれ語っても良かったんですが、さすがに公式フライング組と通常購入組の差を考えて自重しましたw

 まあ・・・語ると言っても去年のような大規模な祭りにはしないのですがっていうか、去年のは盛大すぎですw(てか地味に発売日は去年より半月早いのか)
 大体、3巻部分序盤はそんなに感想書いてなかったしねぇ。基本世界観の説明だったしw

 話の範囲は公式で発表されたように「生徒会選挙」から、「トール兄回」まで。
 ついでにファルマガで書き下ろしたあれやこれやが多数。

 扉絵はいつものように新規さんいらっしゃーいな感じなのですが・・・・鉄血ロボに掴みあげられてるクロウ見て思わず「何の皮肉じゃあああああああああああ!!!?(°Д°#)」って思いましたねぇw
 ・・・・・・・・・えぇ・・・・『閃II』クリアしてると下の方にいるリィン君含めて皮肉っぷりさがマジで凄いです・・・w

 ちなみにカバー裏は没扱いになったイラストが。
 右から魔法少女アリサちゃん、アスカさん、ユニカな構図でしたが、女性陣ばっかなもって感じでクロウ(とチビ魔界皇子)を加えた内容になったわけですが・・・・ユニカェ・・・・;;;;

 つーか、前回の3巻でもそうだったけど(あっちはゲルドディスられたヽ(`Д´)ノ)、没イラストに対して正式版のは作品的にバランス悪すぎ;
 いやクロウがいるのは嬉しいんだけど(むしろめっちゃ好きだぞ!!)軌跡割合が強すぎるのがね;;;(アマノジャクかつ、ガガーブもイースも愛してるレンさんですから)

 あとはそのカバーイラスト変更に対するやり取りを4コマ形式で書いた奴ですねぇ。
 幼女だけではなく男性陣ならおっさんおじじ系も割と好きなA久保先生w

 まあぶっちゃけデュルゼル好きならはよ出せと思ってしまった自分・・・;(つぅか主にガガーブのおじじおっさん枠が来れるような話って一体どんな感じになるのやら?)
 今のラッピィやゲルドを見てどういう反応するのかが見てみたいw

 ガガーブって言えば・・・登場人物一覧で、ポッポ、ルカ、キャプテントーマス+フロードが『白き魔女』枠で紹介されてるのが気になりましたね・・・。
 トーマスはさておき、ポッポもルカは『白き魔女』には出てこないし、フロードは『海の檻歌』の収集本シリーズのキャラをトーマスが変装+偽名として名乗ってたわけで・・・。

 なんでかな???(揚げ足取り、細けぇことはryっていうけど、基本そういう人間なので;)

 あ、そういやトールの愛用の剣云々ですがそれに対しての回答が→こちら

 ラッピィ視点であるが故・・・・か・・・。
 話としては分かったんですが、果てしなくややこしいっていうか、たまに意図を読み取れなことしてくれるのでなんともw
 個人的には『クレリアの剣』と表記してくれた方がしっくりしたかもです;;(個人的には;)

 トールがファル学兄貴枠にしては扱いが優しくなってるっていう扉絵コメントがありましたが・・・まあ、アガットやアヴィン、そしてチェスターにしろエルンストにしろレーヴェにしろ・・・結局は死ぬのには変わりはないのですが・・・それでも後事を託せる相手がいたり、護りたい人たちを守って死ねた・・・・っていうある種の『最高のしあわせ』の中だったに対して

 トールの場合はお父さんとの一件、結局はレアさんやユーゴとも二度とは会えないであろう別れ、自分じゃない遠い未来の誰かに全てを託すしかできなかった・・・っていうある種の寂しい終わり方だったのを思うと、兄貴枠にしては珍しく常識人枠で登場させたのは妥当だと思います(カプア兄弟は元からいじりようがないでしょうしw)

 そういや感想がほぼ書けれなかったサラ教官回ですが・・・・・・・・・・・あれ?なんでいつも飛ばしてるんだろう????w

 あとはマクバーン見ては和んだり・・・めんどくさがってる割に面倒見がいいのが素敵なところw

 うーん・・・・・・・・・・・・・・・・毎月毎月、命を張り、私が知ってる、記憶してる限りのネタを使って感想を書きまくってるだけになかなか文章が進まねぇw
 てかめでたいのに、表紙とか愚痴とか言わないのぉ!!!
 
 まあ、とりあえず各々の回の感想は各々で確認してもらうことにして、今回はここで筆を下ろしましょうw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック