ゼルダ新作で分かったあれやこれや

 

 と、昨日発表された『ゼルダの伝説』の最新作情報なんですが・・・。
 つか噂によれば、やろうと思えばラスボスに直行できるらしい・・・・シナリオを徹底的にオマケ扱いにしたオープンゲーになるんだろうか?

 うーん・・・ゼノブレイドクロスで分かったんだけど、オープンゲー的かつ、オンゲ要素あるようなゲームって割と弊害大きいしなぁ・・・。
 ゼルダは謎解き要素は楽しいけど、シナリオも面白いから魅力的であって・・・。

 その辺がおざなりになってないことを祈る;:

 で、他に分ったことはと言うと・・・某所で調べた結果以下のようなことになってるとか。



Q:神秘的な場所ですね
A:当たり前を見直すっていいながらいつもの目覚めのシーンですね

Q:伝統守るってのはいいことじゃない?
A:そうですね、ここは本当にミステリアスな場所です

Q:神秘的なアイテムでてきたけど?
A:今までは剣と魔法だったけど、今回はテクノロジーといったものがあります

・服装について:裸のままでも進められる
・今回初めてボタンでジャンプできるようになった(壁を登るために使う)
・サブタイトルは世界そのものの名前
・ゲームの背景や自然の要素をみると、サブタイトルがぴったりだとおもう
・壁や山はドンドン登れる(ガンバリゲージが続く限り)
・キノコは手に入るけどでかくなったりはしないよw
・リンクは世界にあるものに色々なアクションが出来る

Q:(謎の老人について)これは誰?
A:不思議ですね(意味深 最初のゼルダでもこういう人いましたよね

・マップの草原には火をつけたりでき、斧で木を切り倒すことも可能(リンゴの入手や牧の入手ができる)
・世界中に隠れている妖精のようなキャラが存在(ドラクエでいう小さなメダルみたいなもの?)
・武器は使ってるうちに壊れる要素あり
・強い敵から強い武器を手に入れるというサイクルになっている
・減ったHPはキノコやリンゴなどを食べて回復する
・現地調達というサバイバル感がある
・敵の攻撃を上手くよけるとスローモーションになり、敵に攻撃をあてやすくなる(ベヨネッタのウィッチタイムっぽい?)
・ハイラルが荒廃して遺跡化している

Q:(ゲームが始まった)舞台の設定はわかるの?
A:じわじわユーザーが分かるようになっているので楽しみにしてください

Q:リンクのスタイルは日本のアニメっぽいけど影響うけてる?
A:アニメーションの技法のほうがものをハッキリ分からせるのに適しているからそうしている

Q:音楽について
A:今回はどこにいって何をしてもいいという内容なので、ルートにそった音楽は使えない。BGMを環境音(風の音等)に融合させるような使い方をしている


 
 微妙に質問と回答がずれてる気が・・・;

 うーん・・・武器破壊ありか・・・。
 そうなるとマスターソードは今回お休みなのか・・・隠し武器扱いになってしまうのか・・・どうなんだろう?
 世界観もサイバー感を出すのか・・・スカイウォードソードでもそういう部分あったが・・・。

 にしても・・・ゼノブレイドクロスと同じ匂いを感じるフリーダムさ・・・。
 別にダメって言うわけじゃないし、好ましくは感じるが・・・オープンすぎて逆に窮屈にならないように・・・っていうところかな?

 まあ、ただただ草原を突っ走るだけじゃなく、ちゃんと街があって色んな人と交流はしたいところですね。

 うーん、発売日が待ち遠しいw

 あ、それと・・・。





 ちゃんと両耳からBGMが聞こえるようになれば完璧だっただけに悔やまれますね。

 BGMもどういう感じで仕上がってるのか気になるところですw



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック