第六特異点クリア


画像


 やっと・・・ここまでたどり着いたよ・・・。

 星5もいない我がカルデアメンバーが行く第六特異点は熾烈を極めた。

 まさに理不尽なまでなHPの高さ。
 中ボスは揃いも揃って強い。

 特に魔神柱は・・・令呪3画をフレさんの助っ人のNP回復×3んに回し、且、石を2つも砕いての勝利だった・・・。
 
 無論、その後の聖地戦争もとにかく短期決戦。
 円卓のギフトを警戒しつつ、最大火力で倒すように心掛けてね。

 ・・・トリスタンのギフトはそーゆー・・・。

 敵味方問わずちぎっては投げちぎっては投げな終盤・・・。
 アーラシュや三蔵ちゃんには泣けるよ・・・。

 で、その戦いでとにかく役に立ったのは、クーフーリン・オルタ。

 無論私が引き当てたオルタニキではなく、あくまでフレンドさんのクーオルタ。

 最初の頃のガウェイン戦で詰まり込んでねぇ・・・(爆睡は孔明が頑張ってたし)
 
 それで古参の人に相談して、その人の意見を参考にする形で、クーオルタを持ってるプレイヤーさんを探しにフリークエストを巡る旅に出たわけで。
 眠くなりそうなフリークエストをひたすら繰り返し、それでもなお、『遥かなる彼方』へと何度も呼びかけた。

 「何でもいい。誰でもいい。力を貸せ。その代わりに・・・・その代わりに・・・・あげられるわけじゃないしなぁ・・・wまあそれでも、とりあえずその代わりに私の全部を差し出すーw」

 っと、真面目にやりつつも不真面目な呼びかけ、戯言に応じてくれたのは・・・たったひとりだけだった。

 ・・・うん、もうその人にはマジで感謝する。
 あの人が応じてくれなかったら本気でクリアできなかった(なお、↑の呼び掛けの元ネタがこっち。君も早くカルデアに来いよー。

 最後の獅子王は、古参の人が持ってたアルトリアさんを連れての特攻でしたね。

 まあ・・・石一個砕く羽目にはなりましたが・・・。
 アルトリアさんの働きも良かったですが、ノーマルクーも何気に凄かったですねぇ。

 彼自身は殿においてて・・・。
 うん、クーフーリンは前線に置いとくより、殿において、タイマン勝負に持ち込んでたほうが強いのよ。

 何よりも、非常にしぶといしねw
 実際、『戦闘続行』によるガッツ、『矢避けの加護』による回避は非常に重宝してて・・・。
 白乳上のロンゴミリオドが来たらさすがにアウトだけど、結構長く居残ってくれてるし、何よりある程度のダメージ与えてくれるだけ結構いい。

 ・・・・エミヤのスキルが『生き残られる』に特化してるのなら、彼の場合『生き残ろうとする=少しでも長く戦える』に特化してる・・・と考えて良いのだろうか?(生前の逸話がスキルに影響してますからね)

 そんな感じで・・・手持ちだろうがフレンドだろうが最後までクーフーリンには頼りっぱなしで・・・。

 ホント、いてくれてよかった。

 残るは第七特異点・・・。
 制圧戦までには、間に合うのかなぁ?;;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック