久しぶりに宣伝しましょう。『TOD神の眼』を



 久しぶりに読み返したら・・・ね。
 あぁ・・・やっぱりしんき先生の作品は良いなぁ・・・w

 これは現在、ファルコムにてご存知『空の軌跡SC』の連載をやってる啄木鳥しんき先生がプロデビューを果たした時に書いた初めての連載作品。
 すなわち原点。

 内容は、基本はPS版『テイルズオブデスティニー』をベースにした完全・・・でもないが、結構オリジナルストーリー。
 物語の構成がしょっぱなから違ってたり、死に様とか、狂ってた人が正常なままだったり、死ぬ奴が死ななかったり、挙句ラスボスまで変わってたりと(ミクトラン「なんでさ!?なんでラスボスやってたのに1コマのしょぼい登場だけなんだああああああああああああ!!!??」)
はっきり言って、原作知ってる人でも、展開がまるで読めない内容となっておりまするw

 それでも、ある程度の粗もあれど普通に許容範囲。
 時計で例えるなら、一回分解して余分だったり必要なさそうな部品を取り除いたうえで再構成した・・・と言えるだけに、基本無駄なく、そしてゲーム的に難しく、コミカライズ的にはこのほうがいい、という内容。

 ヒューゴさんおっかけにフィッツガルドへ行くのもそうだし、中盤のルーティ離脱→スタン&ディムロスの単独行動エピとかがそれだね。
 ゲーム的には映えるのがムズかしい。

 そしてシレっと貼ってあったラスボスへの伏線よ・・・。

 ちなみに・・・リメPS2版TODじゃヒューゴさん、ルーティの交渉?しぶり?みたいな感じでたかだか25万程度でルーティ雇ったけど、こっちのヒューゴさん、ルーティが吹っ掛けどころか交渉する以前に、自分から100万ガルド出そう!(どやぁ)だったりする。

 ・・・うん、マジでPS2版プレイ中に「ケチ!!?」と叫んだよ・・・w

 つぅか、しんき先生絡みでTOD2とPS2版はある意味鬼門。
 特に!ハロルド関連での矛盾を指摘は絶対にするな!したらひっぱたく!!なレベルなのですー。
 オリジナルのTODならまだいいんだけどね・・・。

 あぁ・・・でも。
 日常のシーンとか、そういうほのぼのシーンが好きな自分としては、フィッツガルドあたり・・・ヒューゴさんおっかける辺りのの話が好きだなぁw
 今にして思えば非常に尊いというか・・・。
 ・・・・いやフィッツガルドの貧困の格差という闇はあったけどさぁ・・・『変われる可能性』はあったわけだし・・・(アレ読むとPS2のダダ滑りな救済活動は一体どうしてああなったのか)
 イレーヌさん・・・あの世界だけでももうちょっとだけ頑張ってほしかったよね・・・。

 それで・・・死ななかったやつ・・・ぶっちゃけリオンに関してはねぇ・・・。
 うん・・・世界が変わって、物語が変わったからこそ、彼自身への変調も綺麗にもたらされた。

 スタンたちの態度やリオンに対する接し方、シャルティエが原作よりも、もっとがっつしリオンに意見するところとかもね。
 原作じゃ(リオン視点だと)スタン達は普通に遺跡荒らしの犯罪者でしかないからねぇ・・・。
 リオンの視点からじゃ、罪の意識も感じずに普通に旅を満喫してるスタン達にはいらだちしかなかったんかも。

 だからこそ、リオンがスタン達の影響を受けて変わることがなかった・・・のかもしれない。
 スタンもそんなにリオンに対してあれこれ触れ合いがなかったせいもあるが。

 あの作品自体が彼の成長物語。彼が生き残れる物語ですから・・・。
 4巻の彼の姿はぜひ見てほしい。
 ある意味最大生存フラグを作ったジョニーとのやり取りも含めて、ねw

 そしてシャルティエ・・・。
 ホント、あいつの一番の見せ場と言うべき4巻はマジで必見。
 
 本編でもこんくらいやれ!な感じでね・・・。

 つーかさ・・・あいつさ・・・。
 最終決戦で・・・ラスボス・・・のガワの存在に対してリオンがシャルティエを使って一撃喰らわせてしまうことになったわけで・・・。
 結果として彼女を傷つけたことをしたシャルの心境は如何に・・・だね。
 まあ・・・自分以上に、与えた傷以上に、自分の身全部をえぐる想いだったであろうリオンの心の内なんてマスターとソーディアンの関係以上に分かってるから、何も言わなかったんでしょうが。

 ラスボスは・・・・外見的にゲームじゃ絶対に無理だろうなぁ・・・w
 ○○○姿で、馬鹿でっかい剣を振り回すとか・・・ゲームでやったらガチネタになってしまうw
 大体、オリジナルのTODでもラスボスの弱さがネタにされるっていうのにねーw

 ・・・・まあ、そのオリジナルのラスボスも、画面上に高く間違って上昇されるとめんどくさいことになるんですが。

 んー・・・今回はこんな感じかな。
 やっぱり、何度でも語れるくらい『テイルズオブデスティニー神の眼をめぐる野望』は最高じゃんってことですw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック