ファルコムマガジン vol.73

 ひと段落ついたついてない以前に、寝落ちならぬ気絶落ちしないようにしないとなぁ・・・。



画像


目次

『イースⅧ -Lacrimosa of DANA-』特集

『英雄伝説 暁の軌跡』特集

漫画『みんな集まれ!ファルコム学園』
著:新久保だいすけ

漫画『英雄伝説 空の軌跡 SC ~絆の在り処~』
著:啄木鳥しんき

ファルコムニュース

『魔法少女まじかる☆アリサ 決定稿』
 著:山下憲一 イラスト:さがら梨々



 表紙はどことなく懐古的なものがありますねぇ。
 私としては無駄にごちゃごちゃしてるのよりこっちのほうが好きかもw

 メインの記事は『イース8』PS4判に搭載された新システム『制圧戦』などについて

 ふぅむ・・・・。
 これはアレかな?

 最初は難しくても倒しても倒しても落とす素材の味の良さに、みんなストーリーそっちのけで夢中になり、そのうちだんだんと狂気が飼った感じで挑むようになり、最終的には「タノシイ! タノシイ!! ソザイタクサン ウレシイ! ウレシイ!!」となっていくんですね、分かりま(やめれえええええ!!!!

 まあ・・・こほん。
 元ネタはこっから持ってきたわけで、二次元だろうと現実だろうと実際そうなってほしくはないなぁ・・・w(もっとも現実のほうではそうやって絶滅食らった動物なぞ山のようにいるのだが
 てか、新久保先生もこのゲーム何気にやってるようだけど(そういや古参ファンだしね)、やっぱり新久保先生も年末にあった↑のイベントに参加してたんだろうか?原稿ほったらかしにして。
 ・・・いやぁ・・・w
 もしマジでそうだったとしても、その時の新久保先生の心境はなんとなくわかるっていうか・・・w
 うん、やり込みプレイヤーにとって天国すぎるわ、あのイベント・・・。
 
 当時みんなに追いつきたくって必死で、そこそこ育てた状態のまま、ひたすら頑張って死ぬ気で食い下がってたからそれどころじゃなかったけど、落ち着いた今となっては素材不足で最大戦力なキャラたちのスキルが育たなくってなぁ・・・。
 ちなみに星5は相変わらずいないけど最近の大当たりでようやく火力が何とかなりました(長かった・・・。剣枠のしょっぱさから・・・

 えぇっと、それじゃお次がファル学っと。

画像
 ・・・むぅ;
 『イース8』やってないから誰が誰なのかry

 冒頭からおっぱいソムリエモードのイリアさんから始まり・・・・今さらだが、おっぱいソムリエの由来ってガストの『アルトネリコ2』の主人公に(公式が悪ふざけで)つけられたあだ名が最初か?w

 で、彼女が出会った2メートル近い長身を誇る美女にして、《エタニア》と呼ばれる地で祭司長をしているオルガさんと出会ったところからが始まり。

 オルガは友人のダーナが眠ったまま起きないから、治療できる人を探してる模様なんだけど、ダーナが寝言で行ってくる要求レベルが妙に高くってなぁw
 ・・・・美少年じゃなきゃヤだとか・・・wイケメンじゃだめなんですか?w

 ちなみにダーナはアドルさんが書き記した数多の冒険記のなかで唯一『尊敬してる女性』として描かれてるようで・・・うー興味あるなぁ・・・。
 けど、数多の情報からすると完全ばn・・・・もといPS4版を買ったほうがいいっぽいみたいだしなぁ。

 ・・・・・・・うむ。
 ニンテンドスイッチ、ゼルダの伝説最新作、そして今年には出るというゼノブレイド2・・・。

 それらを買って遊んで、遊びつくした後で、余裕があったら買う・・・・・・・・・・・のかあ?

 うん、諦めよう・・・(『閃3』はやりたいんだけどねえええええええ!!!)

 あ、それとアドルさんの冒険記が一つ『魔法王国イース』に登場する双子女神の片割れレアさん(アドルさんと懇意だったのはフィーナだけどアレはレアさんだよね?)に関しての記述は『84・56・85』というスリーサイズのみだったという・・・・w
 って、おい、アドルてめぇ、どこでその情報を知ったしw

 あのローブ姿で正確なスリーサイズを外観だけで知るのは不可能に近い・・・・。
 ま、まさか、貴様、あずかり知らぬところでレアさんを手篭めにしたというのか!!!?w

 そんんあこと知られたらトール切れるぞおおお!!!w
 ・・・・・本編終了後のはずなのに魔人化した上に、完全にアドルさんを殺しにかかるトールか・・・w
 これはアドルさん死にますわぁw

 まあ、その辺の話は横に置くとして(置くんだ!?)
 美少年の条件を微妙に満たさない面々によるダーナさん覚醒作戦は続く。

 ユーシスに至っては、ノブレス目覚ましと言うことで古典的なフライパン&おたまを使って起こそうとしたが効果は得られず。
 シオさんがお手本を。。。って話にはなったんだけど、それ以前の問題になったので却下(そしてなぜかいなかったエマさん)

 ・・・・この時の話ってタイトルが『甘い目覚め』っていうんだけど、開幕ユーシスによるフライパン&おたま攻撃だったもんだから、「そこは『死者の目覚め』じゃね?」って思った人は・・・はい、某テイルズPS3部作時代からやっておりましたよ、えぇw
 というか、あの頃のテイルズが一番好きだった・・・エターニアは今でも一番好き。 

 結局オリヴァルトの弟っていうかエレボニア皇帝ユーゲントが末っ子セドリック君を呼んで起こそうって話になりはしたんだが・・・・ごめん、「おねーさーん!」ってにこやかに走ってるセドリック君見て、某クレヨンな幼稚園児思い出した自分はアルフィンに吹っ飛ばされてもいいw

 ま、その方法も、そんな感じで駆けて行ったら途中で引きとめられた多数のおねーさーん(笑)のおかげで遅れて、ダーナも自力で起きちゃったんだけどねw

 ・・・引っかかった面々の中で一番釣り合いが取れているのがミューズさんか。
 もっとも、王位を確実に引き継ぐ立場のミューズさんと、エレボニア王位を継ぐか否かだったら継ぐほうなセドリックが一緒になったらバランスが微妙に悪いんだけどね。

 で・・・肝心のダーナ・・・《大樹の巫女》は『夢』という形でアドルさんを通して、今までの出来事を見知っていたようで、各々の自己紹介いらずだったりするし、閃主人公ヒロインの黒歴史もばっちり見ていたというw
 ・・・・『閃III』でリィン君に黒歴史コスチューム着せられないのだろうか・・・。
 あ、アリサちゃんは普通に続投でお願いしますw(愉悦)

 その彼女の能力で、現在アドルさんは《ダームの塔》で家探ししてる最中で、切れたダルク先生と一緒に塔まで同行してくれたダーナは『スタイルチェンジ』というスキルを使って、アドルさんを探すことに。
 女の子が変身して戦うのが魔法少女・・・。
 そういや、そのジャンルってそういうもんだったよね(遠い目)

 ダーナの能力によって追い詰められるアドルさんは大ピンチに!
 だが、アドルさんは大概の武器魔術は速攻で覚えて使えるという、何気に天才的器用さを誇る存在!

 なればこそ見よう見まねで彼女の真似事をすることも可能なのは道理!

 ・・・・ってなわけで、にわか覚えで習得したスタイルチェンジで変身したアドルさんは・・・どういうわけか、SFCやPS2の『イースIII』のアドルさんになってしまったという・・・w

 ちなみに一部では『邪神アドル』と呼ばれてますが、その元ネタはこちらだったりする。
 爆誕したリアル事情はさておき、この動画自体は結構好きだったりする。
 
 遥かに年齢が上のはずのアドルさんっていうかイースIIIにまで影響を与えるモッコスさんのインパクトよ。

 一方、リリアはリリアでなんとダーナさんの真似をして、アドルさんと意識共有せんとレッツチャレンジ。
 その結果は本編を直接見て、見届けよ!!!w

 ・・・・ホント、どうなるんだろうか、アレ・・・・w

 よっし、今回はここまで!

 そういや、ファルコムニュースにて、『Ysオリジン』がPS4配信の形で世界に旅立つようで。
 あの作品は操作性のバランスの良さ・・・Ys6の緩さ、Ysフェルガナのきつさや諸々のシステムの完成形というカタチもあって、ホントやってて楽しかった。

 まあ、トール編で難易度ナイトメアはやってないんだけどね!!w(クリアできる自信がない!!!w

 しかしPS4ってそういう方向にもできるんだねぇ・・・。
 ニンテンドーでもそういうのやればいいのに。

 とりあえず、お次は『空SC』!!!
 思わずほほをつたうほどの優しい世界・・・頑張って書かないとw 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック