ぐだぐだ明治維新!



 ま、どーせ仕事で19時には間に合わないから、メンテ延長とかあっても困らなくてよ?
 ついに来た、ぐだぐだイベント第二弾。

 配布がまさかの茶々とか・・・w
 なんで茶々って思うけどねw
 バーサーカー適性は納得だが・・・武勇伝らしき武勇伝がほとんどないのですが、それは。

 ちなみに彼女の再臨素材である「蘭奢待」ですが・・・・アレはどっちかっていうと伯父さんのノッブのほうに縁があるブツなんだけどなぁ・・・w
 まあ由来となるブツが多くあるノッブに対して、彼女のほうはそういう有名どころがほとんどないせいもあるのか(大坂城のモニュメントとかだとシュールすぎるか?)

 その「蘭奢待」なんだけど、あれは奈良の頃より伝わりし朝廷の秘宝。
 数多の将軍が切り取りを所望したけどなかなか許可が下りなかった『天下の名香』

 ・・・と『信長のシェフ』に書いてありましたw
 アレは結構良いぞぉーw
 割と史実部分も戦部分もガッツし描いてあるし・・・前回のノッブの再臨素材や、交換素材の茶器に関しての描写もあったしw(平蜘蛛にせよ茄子にせよ、あんな扱いじゃ松永発狂するよ・・・あれは・・・w)
 ノッブのセリフにあった『タッキー』が滝川って分かった瞬間大笑いでしたわw

 「蘭奢待」・・・所謂「伽羅」のことなんだが、アレはどことなくスパイシー感(?)を出しつつ瑞々しいすっきりとした芳香を出すって感じ・・・・つまり甘みは感じられないけど、瑞々しい『良い香り』という感じですねぇ。
 詳しいな?って思うでしょうが・・・あー・・・母の知り合い経由で(火は焚いてなかったけど)実際の伽羅の香りを嗅いだ事がありまして・・・その時得た印象がそれです。
 ホント、火を焚かずとも自然に良い匂いを出してたのです。

 ・・・それの頂点と当時の日本国内で扱われてたであろう「蘭奢待」が茶々の再臨素材とは・・・w
 前回の『黄金髑髏』は数も由来もぴったりだったのに・・・w

 勢力戦に関しては織田家側に着こうと思ってますねぇ・・・。
 素材とかそういうのは別の理由で、単純に織田家のほうが好きだからって奴ですw

 ピックアップの土方さんに関しましては・・・まあ50日ボーナスに引っかかるから引こうとは思いはしてますが・・・エジソン間違えて引いちゃったら目も当てられないしなぁ・・・いや・・・好みの問題でエジソンはちょっと・・・w
 つぅか、土方さんかぁ・・・斎藤でも良かった気がするが・・・そこはさすがにしょうがないか。

 なんにせよ、明日の・・・10時半以降からプレイするでしょうか、それまで・・・続けメンテ延長(なんでさ) 

信長のシェフ 17巻
芳文社
2016-12-16
梶川卓郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 信長のシェフ 17巻 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック