ファルコムマガジン vol.74

 よし、月始レポート終わったから、こっち書こう。


画像


目次

『英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ』特集

『イースⅧ -Lacrimosa of DANA-』特集

漫画『みんな集まれ!ファルコム学園』
著:新久保だいすけ

漫画『英雄伝説 空の軌跡 SC ~絆の在り処~』
著:啄木鳥しんき

ファルコムニュース

『英雄伝説 暁の軌跡』特集

漫画『英雄伝説 閃の軌跡』
脚本:恵村まお 漫画:さがら梨々

『魔法少女まじかる☆アリサ 決定稿』
著:山下憲一 イラスト:さがら梨々


 やはり『閃III』特集が主な記事のようですね。
 
 新キャラも、既存のキャラも今後どれだけ出てくるのかが楽しみなのですw

 で・・・リィン君・・・。
 うん・・・・初期発表の頃に比べて新しく書き下ろされた今回のは割と健康的に見える。

 ずっと心配してたからね。
 トールズを卒業してから、どういう立ち位置になってしまうのか、どういう考えを持つようになっていったのか・・・。
 前作の結末や初期発表の擦り減った感見てると、普通に心配になるって;

 新キャラは、クロスベル出身のユウナという女の子と、ヴァンダールことミュラーさんの弟であるクルト君の二人。

 ユウナに帝国の実情を知っもらったりと勧めてきたのって、アリオスとかかね?
 バニングスっていう可能性も否定できないけど・・・あの人のほうが・・・どうなんだろうね?

 ミュラーさんの弟で、帝室の守護者を夢見てた少年、クルト君かぁ・・・。
 今月のしんき先生の『空SC』を読んでからだと何とも言えなくなる。

 ちなみに私は、ラウラの名前が判明するまで『ミュラーさんの姪っ子か何か』と思ってましたw

 えぇっと・・・あと他は『閃II』から『閃III』までの1年半の間に帝国で何があったのか簡単な説明が。

 帝国のさらなる領土拡張
 《クロスベル》の現状
 《トールズ士官学院》の分校の建設
 そこにある新たな《VII組特務科》という存在

 ・・・といった感じ。
 ・・・・・・・・・・《帝都》の西・・・ね;
 正直、今読みなおすまで《帝『国』》の西って思いこんでたわー(滝汗)

 学長は、内乱の際に《貴族派》の総司令をやっていた人・・・って・・・。
 カイエン公じゃないだろうし、ルーファス卿は『総参謀』だしっていう以前に《クロスベル》にいるわけだし・・・。

 誰だろうね?

 しかし・・・《ジュライ》と違って、併合する旨みがなさそうな《ノーザンブリア》まで・・・。
 《北の猟兵団》もこれに伴って解散してそうな気がする。
 向こうの住民にとっては帝国の庇護を受けまくれるだろうと、いい味すぎるんだろうが・・・その辺のことも語られるのかな?

 何はともあれ、今後に注目・・・ですね。
 あー!プレイしたい!(血涙)
 おのれえええええええええええ765おおおおおおおおお!!!!(765「なんでさ」)
 テイルズの生みの親だから、そう悪くは言えないけど・・・なんでモノリスさんを使いつぶした揚句任天堂に売っ払ったんや・・・・。

 まあ・・・任天堂からすれば超貴重なサードパーティーゲットできて、ゼルダ最新作を鑑みるに任天堂と一緒に心中レベルで手元に置いておきたいであろうメーカーだから、決して悪いことでもなかったんだけどなぁ・・・・おかげでモノリスさんも回復できたわけだし。
 それ考えると今は亡き岩っちは本当にいい買い物したよ・・・。

 ・・・ファルコムゲーで他メーカーに関して語るな?って?
 あー・・・・・・・・・・・まあ、あのメーカーの起源辿れば、ファルコムの『英伝イサルハーサ』やゴーファ『スタートレイダー』、『ザナドゥ』にまで辿りついちゃうから、少しはね?

 はぁ・・・それでもPS4を買う余裕がないのは辛い。実に辛い。
 正直言って、PS4でやってみたいゲームってめっちゃくっちゃあるのよ・・・(遠い目)

 ちなみにファルコムニュースは、別アプリゲーとの作品コラボとかLINE新作の紹介とかいつも通り。
 コラボかぁ・・・。
 私がやってる『FGO』のほうでもやらないかな?
 まだ他企業とのコラボはやってないはずだし。

 ・・・・問題は最上位☆5を誰にするかである・・・だろうけど;(正直エステルたちじゃまだ☆4くらいなのです;

 『暁の軌跡』は第四章第三弾が公開に関してと、新衣装の配信について。

 ・・・思うに、これってガチャなの?公式サイト見る限りお金取るの?
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・こーいうのはなぁ・・・。
 マジで当たらない時は当たらないから。

 うん。。。ガチャは怖いよ。。。
 だって・・・未だに☆5当たらないんだよ・・・・。
 あんなに一杯祈っても、触媒準備しても全然来なくって・・・。

 そりゃお金いっぱい使えば来るかもだろうけど、その代償はあまりにもでかいし・・・。
 月最高金額2000円じゃ確率的にも低いのは当然なんだろうけど・・・。

 いい加減にほしいよ・・・☆5・・・。
 マーリンもイシュタルもケツァルコアトルもジャックちゃんも沖田さんも式もみんな来なかった・・・。
 新久保先生もまだ持ってない超絶激レアな☆ゼロは持ってるのに、どーして当たらないんだ・・・(虚ろな目)
 欲しいの外した直後に、ツイッターで引き当ててる人見た瞬間吐きそうになるしさ・・・。

 うん・・・そうだ・・・☆5なんて最初からなかったんだ・・・。
 よく言うじゃん。
 「手に入らぬ星だからこそ美しい」って。
 だからこそ、手に入らないんだ・・・・手に入るわけがないんだ・・・ないんだよねぇ・・・?(壊)


※書き手の精神状態が戻るまでしばらくお待ちください
 



 ・・・・・・とりあえずさ、おれは しょうきに もどった!けど・・・ホントに引き際大事
 私も理性で抑えてるけど、ホント誘惑にはきつい;

 はぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(涙目)
 いや、今いる主力ズは全員愛してるっていうレベルで大切な連中らですが(←あなた先月その一人をリストラしましたよね?←・・・いやまぁ・・・ホントすまないっていうか;)・・・けどそれとこれとはまた別なので。


 ・・・・とりあえず気持ち切り替えてファル学に行きますかぁ~。

 
画像

 考えればラウラとフィーちゃんがメインで扉絵飾るのは初か。
 二人も『閃III』でどういう姿になって登場してるのか・・・。
 イメージ的にラウラはショートに。
 フィーちゃんはポニテになってそう?

 今回のお話は学園内に『部活』を設置する話。
 《東ザナ》とかの要請で、連載5年以上を経てようやく設置することになったのは、他でもない。

 学園のメインスタッフであるラッピィも、ダルク先生も、『部活』を知らなかったから。

 ・・・・まあ、二人とも現代学校生活とは無縁の生活してたし、多少はね。

 ラッピィてかミッシェルさんは経歴や素質がアレだったから、エステルと同年代の頃は、本当に苦労してたでしょうし・・・うん、魔法が当たり前に浸透している《エル・フィルディン》の存在と出会いはまさしく彼にとって救いだったでしょうねぇ・・・。

 ダルク先生は・・・朝日出版版イースのほうだと学校に行かずに家で本読んでたり、お父さんから教わったりしてたそうだけど・・・正史世界なこっちのダルク先生はどうなんだろうね?

 朝日出版版はなぁ・・・『空SC』とは完全に明暗が分かれた結果になってしまっと言うか。
 続けたければ、ファンの声、売り上げ、冗談抜きで大事って分かる事案でしたね。

 ちなみに、『部活』の概念は海から打ち上げられた本で知ったという『イースVIII』のリコッタも知ってたんだけど・・・その本がどんな本であったのか、著者は何者だったのかは・・・直接読んで知るがいい!!!ですw

 それで生徒会を中心に部活申請及び設立をすることになったわけなんだけど・・・玖州地方に謂れのない風評被害が起きてるのですが、それは(少なくとも北九州の玄関口小倉駅周辺は一部の大きなお友達の夢いっぱいだよ!?w)

 部活かぁ・・・・・・私自身、部活はやったことないんだよなぁ・・・。
 正直、高校の時にあった弓道部に入ればよかったって未だに割と後悔してる(いつかの会津旅行の体験の時が初めてだった)
 まあ、弓道ってお金がかかるものもあるから二の足を踏んでるのも大きいが・・・若人よ、その辺の金策も考える必要もあるが、若いうちにやりたいことはやっておけよ~。
 大人になるとそういうことってなかなかできなくなるから。

 乗馬部や釣り部(オリヴァルト皇子・・・・w)、音楽系など真っ当な部活もあれば、幽霊部?など怪しげな部活も数多く爆誕している。
 中には、アガットとアヴィンの両名が申請しようとした部活もあったが・・・二人を見たトワ会長が一瞬で断りを入れちゃったシーンもあったりするw
 つぅか、アガットとアヴィンって背が変わらないのな。
 アヴィンでそんなでかいイメージなかったんだが。
 
 アガットとアヴィンって基本似た者同士だから一緒にいるシーン多いけど、アヴィンいいのかー?あんまり一緒にいるとマイルが拗ねるよーw

 他にも、なんの意味があるのか『全力部』、『堕落部』、『気楽部』と・・・『部』付けりゃいーってもんでもねーぞーな部活まであったりするwww
 この時ラウラの《理の歪み》が初めて明かされたけど、どうやら頭のネジが少々緩くなってる程度らしい。
 まあ、『閃』中盤までのラウラってお硬いを全力で行って、みていてめんどくなる時もあったから、このくらいがむしろちょうどいいよ。

 なお、この部活申請や、部員募集の中エマさんとヨシュアは平常運転だったと言っておこうw(エステルが切れかけるほどの案件って余程の気がする・・・w) 

 ちなみに《結社》組のほうも、表の顔として部を立ち上げようとデュバリィ主導で企画が上がって、その部名を募集しようとしたんだけど・・・・マクバーンよ・・・w
 別にアレを『全部』と言ってもかまわんだろ?なノリで、繋げんでもいいでしょうに・・・w
 しかも嬉しそうに言おうとしたのが妙に可愛いっていうか・・・w

 最後に・・・『イースVIII』のダーナは結局いい部にはめぐり合えなくって友達のオリガと同じ部に入ったんだけど・・・彼女の明日はどっちだ!?w

 今回はここまでw
 ・・・まあ、ゲルドとかトールとか真っ当な人も結構生き残ってるしボランティア部とかそれこそ真っ当に機能してる部もあるよ・・・きっと・・・w

 えぇっと・・・『閃』の漫画版は《聖女の城》での戦いから《ガレリア要塞》に行ったところまで。
 この人のデフォルメ絵は本当に可愛いなぁw

 ・・・あぁ・・・このあたりの伏線は・・・『閃III』で持ちこされたのも多いけど、クロウが《ジュライ》について語るシーンが重い。半端なく重いよ。
 「特に揉めることもなく」・・・か・・・。

 いよいよ《ガレリア要塞》・・・次回はついにあの人が来る・・・かぁ!?w

 

 『空SC』はいつものように別記事で!w

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック