ファルコムマガジン vol.78

 更新遅れてすみません・・・;
 最近疲れ気味で眠くって・・・;;;


画像


目次

『英雄伝説 閃の軌跡Ⅲ』特集

漫画『みんな集まれ!ファルコム学園』
著:新久保だいすけ

漫画『英雄伝説 空の軌跡 SC ~絆の在り処~』
著:啄木鳥しんき

漫画『英雄伝説 閃の軌跡』
脚本:恵村まお 漫画:さがら梨々

『英雄伝説 暁の軌跡』特集

ファルコムニュース

『魔法少女まじかる☆アリサ 決定稿』
著:山下憲一 イラスト:さがら梨々


 ようやっと《VII組》のみんなが出てきましたね!
 基本造形みんな変わってないなぁ・・・(しみじみ)
 エリオット君はもっと背が伸びて、多少ごつくっても面白そうだったのに(誰得やねん)

 まあみんなほぼ全員職業人になっちゃってるけど、まだ二十歳だったりそこそこだったりだからね。
 ・・・問題は約4名ほど、帝国中を歩きまわれるほど時間が取れるかどうかだが。

 リィン君は実習云々でなんとかなるし、マキアスは・・・信頼できる秘書か同僚がいればなんとかなるし、ユーシスは・・・導力ネットとかを駆使すれば、遠くからでも書類チェックはできるだろうし、ある程度の整頓は家宰のアルノーさんがやるだろうからなんとかなる・・・か?

 というか・・・みんな成長感ありありだけど、ユーシス・・・大きくなったなぁってイメージw

 ぶっちゃけ私の中のユーシス(閃~閃II)って「小さい仔犬(柴犬)が頑張ってとことこ走ってる」という・・・本人が聴いたら間違いなく、無言の「アスティオンナイツ」どころか、無言のシュトラール(=馬蹴り)しかねない印象でして・・・w(ちなみにマキアスは黒の柴犬。ユーシス仔犬にわんわん吠えるけど、ユーシス仔犬の肉球パンチであっさり逃げちゃうっていうイメージ。む?なんかどっからかショットガンの音がry)

 で・・・今回・・・マキアスも含めて「大きくなったなぁ」ってイメージで・・・wwww
 なでなでしたくなるのでry(馬蹴り&ショットガンのコンボを喰らったようです。ムチャシヤガッテ)

 まあ、その辺はさておきで・・・ヴァンダール家が《皇族の守護》を解任されたのって思った以上に大きい出来事だったようですねぇ・・・。
 うーん・・・確かに貴族ってつまり、「王から領地と民を預かり、管理する特別な立場」の人たちで、その王や一族を守る役割を仰せつかっていたヴァンダール家は帝国貴族にとって「貴族としての誇り」のようなところがあったんでしょうねぇ・・・。
 だけど、昨今の《鉄血》の政策や、やり方によって本来なら「管理されてる側」が自分たちの立場を脅かし、ついには「管理されてる側」が貴族という立場を踏みつける形で「誇り」を奪い取って行った・・・ってことになるのかなぁ?

 だとすれば四大名門(一部除く)が水面下で動き出してしまうのも仕方のない事態なんでしょうが・・・肝心の《鉄血》はそれすら読み切ってそうで実に怖い。
 貴族制度全てが悪っていうわけでもないし、封建制度が巨悪というものでもない。
 今まであった良き部分も全部潰す勢いで『何か』をなそうとする・・・。
 うーん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・さっぱり想像つかん。

 最後にガイウス先生は・・・とりあえず風評被害になっちゃってる「風」から脱却してほしいところ。
 つぅか、RPGにおいて「PT内における年長者系or大柄系」ってどうして影が薄かったり、不遇になりがちになるのやら(「「「「そうだそうだー!そうだーーー!!!」」」」

 あとはサラ教官に、シャロンさんにゼリカかー。
 ゼリカがなんかドツボなんですがw
 シャロンさんは・・・過去が明かされるらしいけどどうなるのかな?

 紹介の最後はアルゼイド子爵か・・・。
 あの人が感じてる「あせり」とはどういう立場に対してのあせりなんだろうか・・・。

 あぁ・・・しかし・・・はぁ・・・プレイしたいなぁ・・・。
 近藤社長がスイッチ系統に興味ないのがなぁ・・・。

 ゼノブレイド2、日本系統の雑誌じゃほぼ音沙汰ないから暇なのよ。
 海外サイトじゃ全文英文で、高橋御大のインタビュー・・・何故完全別会社な野村哲也氏をキャラデザとはいえ、起用できたのとか・・・な内容が書かれたサイトを載せてたりしてますが(ちなみにこれ公式ツイッター経由じゃなくって、監督の奥様のツイッターから得たやつ。正直、作曲家さんの作業推移のつぶやきもRTしたりと、公式ツイッターより一応一個人な奥様のほうがよっぽど宣伝してくださってる。・・・いい夫婦関係だよね・・・未だにらぶらぶらしいし)

 ちなみに・・・英語苦手な方に簡単に説明しますと、20年以上前に御大がFF製作から離れた時に本当はノムテツも連れて行きたくって・・・それから20年、色々とマジでありすぎて、今回任天堂、スクエニの両社からOK獲れたから今回至る・・・といった内容。
 よくぞまぁ御大自ら赴いて協議したとはいえスクエニもOKくれたなー;
 ま、スクエニも高橋さんの置き土産で散々お小遣い稼ぎしてるわけだし、版権返しなさーい!とまでは言わないけど少しは借りを返せって言いたいからねぇ。 

 初期発表から、続々情報公開までの「間」を待つまでがきついんですよね。

 えぇっと・・・それじゃお次はファル学ね。


画像

 ヴァリマール・・・お前、どうして・・・w
 
 ことの始まりは、エマさんの使い魔であるセリーヌが《ザナドゥ》に着たところから始まる。
 ・・・保護された時、なんか恐ろしい目にあったようだけど・・・東ザナのお嬢様よ、たまにはそれ外してもいいのでは?

 ちなみにラッピィから話を聞いて真っ先にエマの元へと駆け付けたのはいいけど・・・・・・・・いいけど・・・・・・・・あぁ、そういやそういう季節だもんね・・・w(某とらのあなからの予約メール数通を眺めながら)

 ・・・は?内訳?・・・別に腐ったものは頼んでないからね?
 いやほんとだってば;
 何?腐ってなくって後ろめたいものがないなら明かしても問題ないはずだ!?って?

 ・・・・あーもー・・・。
 えぇっと・・・イラスト集が1冊ギャグ本が1冊、ギャグなのか恋愛なのかよー分からんのが1冊と、キャラ絵つきタロットカードその説明書と、料理レシピ本(ほんと二次創作なんでもありなんだなぁ)
 まあ、これだけかな。ちなみに楽しみにしてるのはギャグ本なのだ。

 で・・・・・・・・・・話を戻すけど(これでいいやろ!?)、エマさん、手書きなのか・・・w(セリーヌがべたべたつけられたスクリーントーンを眺めつつ)
 そら余計に手間暇かかるでしょうに・・・w

 しかし、エマさんが描く腐った本か・・・。
 エマさんの画力が気になったこのごろでございます。

 ちなみにセリーヌ自身の時間軸は『閃II』ごろとなってるようで、もちろんリィン君が《ヴァリマール》の《起動者》になったのも知ってる。
 
 忘れそうになってる事実だけど、リィン君たちは学園入学直後の状態(まあ新久保先生その時々でかなり適当に時間軸いじってるポイけど)
 それでもヴァリマールに登録されてる《起動者》ならびに《準契約者》の記録が消されてるわけではなく。

 なればこそ!《ザナドゥ》に《彼》が来ているのなら、呼べば来るはず!!!

 な感じで呼んでみたものの・・・・・・・・・・・ものの・・・・・・・・・・・どうしてコウナッタ?
 アレはもはや単なる変態仮面・・・そして性格も、操縦席も変態すぎる・・・w

 その姿、もう説明する時点で穢れそうな状態になってしまったヴァリマール・・・。
 それでも、《起動者》との縁は確かにある!

 ・・・そんなわけで準契約者である《VII組》の面々で代用しちゃおーかなーな感じになって、みんな逃げてって・・・。
 普段ノブレスなユーシスが正気に戻るレベルの変態ぶりでした・・・w

 ・・・・・・・・・・・今回、ヴァリマールが出てる話全てに「変態」がつきそうな勢いなのですが、気にすんなw

 で、一方逃げたリィン君はクロウに匿ってもらうついでに飯をたかっていた。
 ・・・ダメだ、この主従たち・・・w

 実は同じ《起動者》として、《蒼の騎神》と契約を結んでるクロウとしては内心かなり穏やかじゃない様子。
 下手に自分の《C》としての部分がバレるのは大変よろしくない。

 さてどうするか・・・な感じで恐らく故郷のソウルフードな「フィッシュバーガー」だろうなぁ(しみじみ)
 を自分の分含めて作れってくれて、くれて・・・振り向いたら・・・蒼の嫁がテーブルに座ってがっつしご飯を待ちの態勢でおったというオチぃ!!!w
 
 その蒼の嫁ことヴィータ・クロチルダはどうやら本編からさらに数年前・・・なんとクロウと出会う前の時間軸から来たようで・・・閃組はなんか本編開始直後だったり終了後だったりと極端な時間軸が多いなぁ。
 ついでに《蒼の騎神オルディーネ》も連れてるし・・・・ヴァリマールがアレに対して、この差は一体・・・w

 っていうかこのオルディーネタン、どっかで見たことあるんだよなぁ・・・元ネタってやつ?
 うっっーん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 「聖闘士星矢」系のデザインに似てなくもないけどなんか違うんだよなぁ。
 かといって「アキハバラ電脳組」ともまた違うしなぁ(って一体いつのアニメの話をしてるんだ!?ヒント:「98ねん」っだー!!!)

 一方の変態紳士ヴァリマールは、契約求めてエリオットに攻入ってたものの彼とのやり取りで、ついにリィン君を索敵する方法に気付き・・・気付いてしまい、《ダームの塔》に避難してたリィン君に対してどーみてもメリーさん元ネタな発言をしつつ(普通に恐怖じゃろ!?アレ;)ついに捕獲・・・もとい確保。

 もぉ・・・新久保先生が昔書いてた同人誌のノリのような感じでヴァリマールに搭乗してしまったリィン君の姿はもはや社会的にアウトといわんばかり。
 ・・・・・・・・・・・いや、マジで1,2冊持ってるけど、ぶっちゃけこんなノリなやつでした・・・>同人誌
 ゆえに読んでた時思った。いきなり原点回帰しても困るっつーの、と・・・。

 しかし、まぁアレだ。
 この状態のリィン君を《鉄血(通常モード)》に見せてどういう反応をするのか見てみたいw(愉悦部スマイル)

 あとは、実は年単位で未来から来たトワ会長とクロウのやりとりとかもあったね。
 あー・・・ファル学って本当、実は今わの際からやってきた疑惑持ちも割といるからねぇ・・・。
 ダルク先生だって自分の末路知ってるぽいし、ラッピィというかミッシェルさんもなんか晩年ごろっぽいし、マジで死に間際からーなエルンストもそうだし。
 ちなみに果てしなく余談だけどゲルドはミッシェルさんの見解によれば、彼女は予知能力どころか過去も未来も現在も全て把握できる能力である模様(いわゆる「千里眼」といったほうが正しいのか)
 イザベルは不明。とりあえず《異界》でも安全に魔法が使えるっていうくらいだけ。
 
 まあ今回はここまで。
 正直言ってね、今回、書くのすごく大変だったの。
 ノリに乗れない!!!っていうやつなのです;;

 『暁の軌跡』はフィーちゃんにユリアさんに・・・サーシャ。。。(えーと;;;)が配信っと。
 みんなほどほどに頑張るがよい。

 あ・・・なんか基本毎回ここで(「FGO」で)「星5こねぇ!!!!」って嘆いてたので、一応報告。
 先月、ものすごぉーっくシレっと星5自力召喚成功いたしました!(なおその立ち位置ェ。一番役割がっちりなクラスだから;)

 そのあと・・・2周年記念星5確定有料ガチャにて交流電気おっさんがやってきて
 さらにその数日間あった章別ガチャで、マブが確率UP対象すり抜けでかの伝説の殺人鬼をサクッと引き当て、その夜に私が、かの聖剣の持ち主で有名なアーサー王1P通常青カラー版をついに引き当て、さらにその翌日、前から欲しがってたアステカの最高神がやってきて・・・。

 最後の姐さんが来た瞬間「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"・・・・・!!」になりましたよ、えぇ;
 ちなみにぱっと見、サクッと引いてるように見えますが、今までの過程でそれら狙ってダメだった件考えると、何十連ぶん回してやっとやっとってやつだからね?

 今はとりあえず鍛えた数名を交代で使いつつ、夏の限定イベントで遊びまくってる状況。
 あぁ・・・遊びやすい、倒しやすい・・・(感涙)
 戦力も大幅に上がって戦略の幅も広がって、その分、戦術に見直しが出たけど、それでもひと段落ついたってところですね。

 
 それで・・・話戻して「閃」の漫画は、《ルーレ》での実習。
 ・・・・さがら先生;「通常の実習」だって彼らにとってはかけがえのない「日常」なんですよ;
 それをほぼカットとかってぇ;
 いや、一応小さくは写り込んではいますけどさ;

 本筋的にはクレア大尉頑張れなエピソードが主ですな。
 ・・・『閃III』で未だに公表されてないクレア大尉・・・中の人はどーなるのか。

 だけど「頑張れ」ってさっき表現しましたけど、今回の話において実際はクレア大尉が完全な道化状態だったんですよね。
 まさに完全な独り舞台。
 ただただ踊らされるだけの人形劇(領邦軍とかのやんやかんやのシーンでは、領邦軍たちは背景の壁の絵)

 てか、《鉄道網》を用いることで帝国全土をカバーって・・・なんというか夢物語的なって思いましたねぇ。
 ルーファス卿も言ってたけど、そういう線と点と線を繋ぐ形って必ず隙間が起こる。
 そもそもあれだけ広い領土であるのに、何故《航空》ではなく《鉄道》なのか。
 ・・・まあ空港を作ったり、小型艇を作る資金より、《鉄道》のほうが安上がりなのかもしれないけど、それなら今回ルーファス卿がとった入り込み方でも十分いけるし。

 その辺は『貴族のテリトリー』に対して明確に踏み込むためのやり方であるかもしれないが・・・。
 『閃III』で明かされるのかねぇ?

 次回で《ルーレ》をサクッと終わらせて、ドラマCD特典だった《ユミル》のをやるのかな?
 あんまりさくさく進めてもさっぱりすぎるのもあれだからもうちょいがっつしやってほしいかな?

 さて・・・次はしんき先生。
 締め切りまでには頑張らないと!!!(汗)

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック