漫画版『英雄伝説 空の軌跡SC ~絆の在り処~』 vol.14

画像

さぁ書こうか(最近リアルの状況が良くなくてね・・・期限切りにならないとやる気が・・・)


月刊ファルコムマガジン vol.84 (ファルコムBOOKS)
フィールドワイ
2018-01-30
月刊ファルコムマガジン編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月刊ファルコムマガジン vol.84 (ファルコムBOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 ・・・・こっちのほうは今回はお休みします。
 どうも思うところがあるというか・・・。

 あ、ファル学に出てた『海賊王ラモン』は『海の檻歌』のキャラで、キャプテントーマスのライバルにして親友になるキャラです。ぶっちゃけ面白キャラですw

 正直『閃』の漫画がお休みなのが割と大きいかな?
 もうこれから地下迷宮大探索なのは分かるんだけど、それでも、それでも、あの時あの瞬間が、ひたすら未来に向けて、それが明るいものだと信じて疑うことなく、希望を胸に突き進んでいた最高の瞬間だったから・・・。

 っていうか、ミリアムちゃん・・・ミリアムちゃん・・・。

 他に『イース8』がスイッチ移植が決まったようですけど、告知なしっすか;
 まあ日本一ソフトウェアが委託してるからそうなんだろうけど・・・。

 問題は新規要素モリモリ移植なのか、単なる画質劣化ベタ移植なのか。
 BGMは・・・そのままだろうなぁ。

 そもそもどれだけ売れるのか・・・。
 これを機にスイッチを・・・って人は少なそうだし。

 ・・・・いや、ゼルダの伝説とか、ゼノブレイド2とかスイッチにもRPGでいい作品あるからね?
 3月にはカービィの最新作出るし。
 特にゼノブレイド2はいいぞぉ?序盤はライトな雰囲気マシマシだけど後半からシリアス一色となり高橋節が大爆発なり数多の伏線が何気に回収されて言って各々の事情が分かりやすく描かれてそれがまた涙を誘うわBGMがいい味出してるわーついでに言うとメインはってるキャラで空気なキャラは一人もいないしーそれにわざわざ過去作のギアスやサーガをプレイする必要性がないわけだから序盤は本当にライト層を意識してなのか入りやすい展開にしてる分後半シリアス一色分になじみやすくなってるしーっていうかなんだかんだでバカゲー要素は初代のころからあるからね?人だって今回そこまで死んでないからね?むしろ今までのが深刻レベルで死にすぎっていうかプレイ時間?多分100時間くらいはあるんじゃないかな?そのくーらーいーボリュームある作品だしークリアし終わったらそれこそゼノギアスのほうに手を出すのも一興じゃない?そのくらい過去作のリスペクトも結構あるし・・・。

 ・・・・・・・・・ん?イース8はいつプレイできるかって?・・・・さぁてなぁ・・・w

 まあ、真面目な話、私自身、まだゼルダとゼノブレ2しか手を出してないから何とも言えないけど(どっちもやりこみ量凄まじいから・・・・)決して悪いハードじゃないと思う。
 そもそもPS4の高画質ハイスペックに勝ってほしいとか思ってないからね。

 ゲームなんてシステム周りとシナリオが優れてたら低スペックでもドットゲーでも低画質でも生き残るんだよ。
 だからこそゼノシリーズがこの間(2月11日)で20周年迎えたけど今でも初代を愛してる人は多いんだから。

 ま、やりたい時にやってみるがいいよ。
 大丈夫。どっちも本当にいい作品だから。

 にしても・・・SC2巻のレーヴェの表紙・・・見ていてほんと悲しい目をしてるよなぁ・・・。
 ゼノブレ2で似たような眼をしたやつがいて、そいつが・・・だったところまで進めた時に表紙画像見たから危うく吐血して倒れるところだったよ・・・。

 それと・・・むむ?



 なんとまぁ・・・っていうかエックスボックスで。
 今やったら・・・・・・大分錆びついてる感あるからなぁ・・・ナイトメアモードは無理そうかもw
 でもさ、これ・・・日本でも出すって言うけど、声とかはつくのかな?
 
 ・・・箱かぁ・・・w
 あれの初代の機種のころ、しんき先生のサイン色紙が懸賞に出された時に、特賞がこれで・・・色紙が当たれば最高!箱が当たれば売ってお金にする!なノリで応募してたはずw
 なお・・・



 どやぁ!!!w
 まあそれで・・・本題・・・うん、本題です。感想です。

 《ボース》を襲った竜を退治すべく、《霧降の峡谷》に降り立ったエステルたち遊撃士一同。
 山に古くから住むウェムラーさんの案内で竜が潜んでそうな空洞の入り口手前までやってきて、そこで一旦作戦会議と、外で待つリベール軍へ連絡を。

 エステルとしては軍が到着するまで待つべきと提案したんだけど、アガットが先にちゃっちゃと竜退治をしようと提案。
 されど竜を制御してると思わしき《ゴスペル》がフレームが何気に超頑丈。
 ましてや竜のおでこにあるのをどうやって破壊するのか1?ってことだったんだけど、それに対してアガットが出したのがZCF製おニューの大剣『超ウルトラDX重剣』。
 そこに搭載している新型の振動ユニットは、剣全体に《ゴスペル》のみ通用する高振動を発生させ、《ゴスペル》の超頑強フレームを破壊できる・・・というのがティータの触れ込み。

 なるほど・・・対ゴスペル専用ガンブレードって感じかね?
 他にもユニットがありそうな気がするけど、そこんとこはどうなんだろう?

 手札は揃った。あとはドラゴンにお灸を・・・それもおでこに一発お灸をすえるだけ。

 空洞の中、ドラゴンは静かに眠ってるようで・・・レーヴェの姿は相変わらずなく。

 そこをそろーりこっそーり忍び寄ってるのがアガット。
 今ならチャンスとばかりに一発当てはしたが・・・威力が足りなかったのか勢いが足らなかったのか、《ゴスペル》が想像以上に頑強だったのか、はたまたそれ全部なのか・・・。

 だがどう理由をつけても失敗したのには変わりない。
 おでこにあるおできをデコピンされて起き上がるドラゴン。駆動する《ゴスペル》
 
 もうこっそり《ゴスペル》に一発作戦は使えない。
 じゃあどうする?撤退か?それとも・・・。

 無論アガットは諦めることはしない。
 基本単独行動を好むアガットがエステルたちに「手を貸してくれ!」の一声にエステルは何かを感じることがあったのか・・・・いいねぇ・・・・。

 エステルたちにドラゴンへ牽制をまかせると、アガットは一人どこかへ。
 意図に気付いたシェラは、ティータに閃光弾を撃つ準備をするよう頼むと、エステルたち大人3人はドラゴンを相手に。
 
 エステルが身軽さを武器にドラゴンを正面に派手に動き、シェラ姐がそんなエステルをアーツなどで援助し、オリビエがドラゴン相手じゃ豆鉄砲なんだろうと援護をし・・・。

 その間空洞のはるか上部へ移動したアガットは・・・かつてミーシャからもらうはずだった「石」を手に・・・そして重剣を構え、アガットの位置を確認したエステルがティータに閃光弾を発射するよう指示を飛ばし、閃光にドラゴンがひるんだ瞬間、エステル、シェラ姐、オリビエの一斉攻撃がドラゴン・・・の前足へと集中し、たまらずドラゴンは片膝をついてしまった。

 瞬間、重剣の重さと自身の重さと、高台からの跳躍による加速による威力の向上を持ったアガットの重剣が・・・『ドラゴンダイブ!!』よろしくまっすぐにドラゴンの額にある《ゴスペル》に直撃し・・・し・・・。


 今回はここまで。
 《SCボース編》も次回あたりで終わりかな?
 その次は・・・・その次で・・・まだ当分先だけど・・・・。

 





 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ハーメル」・・・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック