長崎旅行レポート 1日半目



 友と二人で行ってまいりましたーw

 ことの始まりは去年ごろ・・・「ハロウィンをUSJで過ごしたーい!」とマブがのたまっていたのが始まり。
 それがお金の計算とか、見て回りたい場所の率とか色々あって、気付けば長崎旅行へとメガ進化した次第です

 それで・・・長崎と言う特殊な道路事情だの、移動方法だの、運転するにあたっての双方の負担とか考えて、レンタカー借りて、初日夕方から出発。

 それでそのまま佐賀の嬉野まで行って、温泉宿に泊ってから、長崎へと・・・って感じだね。
 ちなみに嬉野温泉は、日本三大美人湯で有名で、ちょっとぬるぬるした感触があって、お肌に健康的な感じでした。

 そして嬉野から高速に再び乗りいよいよ長崎へ!
 目指すは佐世保。

 ちなみにハウステンボスはスルーさせていただきました。
 ・・・・いやだってねぇ;アトラクション施設はね、回るだけで時間がかかるのよ・・・・・。

 高速で移動し、県を超え、ついでにハウステンボス最寄りの出口を超えて、ようやく佐世保に到着。

 ここから自衛隊の資料館とか佐世保バーガーとか自衛隊の艦船とか米軍基地とか、三浦教会とか、そんな感じ。
 艦これ自体はやってないけど、お艦は好きだからね。
 だから非常に楽しみだったのだw


 ・・・・なんだけど、移動に時間がかかって基地とか艦船とかはほぼ見れず!(一応停泊してた「あまくさ」は見たけど)
 だってさぁ・・・港にさぁ・・・



 こーんな馬鹿でっかいお船が止まってたら見に行っちゃうっていうもんでしょー!w
 まあお陰で米軍基地にすら近づけなかったから世話ないわって感じだね。

 その代わりに、佐世保バーガーは元祖なお店の支店があるアーケードのほうで食べたけど、たまたま本店前を通りがかってね。



 代わりに文字通り看板娘やってる時雨さんと涼月さんを撮影してきたw

 そのあとは諫早湾(外海側。有明海は内側の方)へと。
 何せマブが見たがってたイルカウォッチングの集合時間が迫ってる。

 ネズミ捕りに見つからないよう、それでも迅速に、かつ、もう死なない程度にスピード出して、高速を踏破し、下の道へと降りたまでは良かった。
 目の前の、一車線、追い越し禁止な道路で目の前を走る中型のトラックがちんたらスピードで走っていたから。

 普段はそんなにスピードに関して気にしないマブも、今回さすがにキャンセル料だの、イルカさんだので、焦ってたからねぇ。かなりいらついてた。
 山の道路から見える諫早湾は綺麗だったんだけどね。

 で、追い越し可能な線になった瞬間に・・・・対向車線はちゃんと確認しましてよ? 
 もう決死の勢いで追い越しましたよ、えぇ;
 
 そんなこんなでようやっとイルカウォッチングをやってる「かずさイルカウォッチング」に到着し、さっそくお船に。
 ちなみに船長以外の同乗者はわしら以外に、大型レクサスに乗ってやってきてた若い夫婦?かカップルだけでした。
 まあ、マブも私も年長者にあれこれ詮索とかそういうの苦手だからちょうどよかったかな?

 それでそこそこサイズの小型船に乗り込み・・・船をひたすら外海へと進み・・・雲仙岳とか見れたのは良かったなぁ・・・・。
 ちょっと風が強いながらも眺めのいい景色を結構な速度で進み、ようやく見れたのが・・・。



 本当は100枚以上撮影してたんだけど、とりあえずこれだけ。

 いやもぉ、本当にすごかったよぉ。
 何十匹のイルカさんがすいすい泳いでたんだから。
 中には子どものイルカさんもいたし。

 ちなみに同海域には他のイルカウォッチングの船も来ていて、そっちはおばちゃんじいちゃんなご年配のお客でいっぱいでした。
 ・・・・何故我らの船だけお客が少なかったのか。

 みんなただ泳いで、魚を追ってるだけだけど、たまに跳んでるのがいて、それは撮影したかったなぁ。

 泳いで泳いで、泳いでるイルカさんたちを見てるだけだけど、それでもそれによって感じる魅力はある。
 何より、イルカさんたちがいる海域を目指して船を走らせてる間の諫早の海の景色もまた美しいから。

 なお、結構スピード上げてるんで、それなりの厚着推奨ですw

 そのあとは道沿いに行ってホテルに行くだけなんだけど(ちなみにホテルの名前は「九十九ベイホテル」)、途中にある原城跡に行きましたね。

 そう、島原天草の乱にて農民たち一揆勢が立てこもった廃城にして、その彼らが皆殺しにされた場所にして、指導者・天草四郎時貞の終焉の地でもあります。

 行くのは細道を頑張って行くんだけど、駐車場がなくって、大分奥にある温泉施設の駐車場に止めて、そこのスタッフさんに無料シャトルバスを出してもらう・・・という流れ。



 あるのは石垣と、石碑と墓碑と弔いの十字架と、周辺の海に対する説明の看板だけ。
 ちなみに最初に幕府から派遣され、さくっと一揆勢に討たれた板倉の墓碑は少し離れた場所にあります。

 まあ、原っぱと、木と、墓碑と石碑以外「なんにもない」っていうのは、それだけのことがこの地にあったからであって、だからこそ「なんにもない」んですが。
 それにただ、なにもないわけじゃなくって、周辺の凪いだ海は静かに感じいるものがあります。

 なお心霊スポットとしても結構有名らしいんですが・・・・・・・・・・・・・・最近の世界遺産登録で観光客が急増したらしいんで、彼らも退屈しなさそうだし、さびしくはないだろうなぁ。

 お陰で島原城行く時間がなくなっちゃいましたが、私的には天草のお墓参りができたほうが嬉しかったですね。
 そもそも島原まで来て、なんで原城を訪ねないのか。

 あとマブよ・・・・頼むから常識的範囲内の歴史の知識は持ち合わせてくれ・・・;
 さすがに島原の乱を知らんのはきついぞ・・・・。

 九十九ベイホテルは、ちょっとした高台にあるホテルで、別館と本館に分かれてる構造。
 ちなみに別館は少しぼろいんで値段が控えめになっております。

 ただ、高台にある分、露天風呂からの眺めは格別。
 ゆったり夜は島原の街の明かり、朝は島原の海を眺め、って感じですね。

 まあご飯はそれなりに美味しい程度かな?
 

 そんなこんなな長崎旅行1日目(正確には1日半目ですが)
 次の二日目は長崎市メインですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック