その先にある悲劇を知ってるがゆえに



ラウラ「思い出、いっぱい作ろうね!」




 やっとここまでたどり着けたぜよー。
 いや、なにぶん、忙しいんで・・・;

 シン・・・・ブレイドからアルスへの永遠以上に、たった一人との刹那の関係を重視し、願う姿は後の彼を見ていて知ってるだけに辛い。
 ただ、セイリュウが最後に言った「それもまたよし」って、本編シンの最期に通じる部分があるよね・・・。


 ここからヒトノワリンク作成の旅路へ。
 どうせならイーラの外の世界をもっともっと旅したかったなぁ。。。

 あとどのくらいかはわからない。
 でもマジで進めるのが辛い・・・。
 だってだって・・・



 本当に失いたくなかった。
 この旅の絆も、イーラの景色も、イーラに暮らす民たちも・・・・。

 本編で結末が語られ、その後の悲劇が語られて知ってしまった後がゆえに、「ドライバーとブレイドの絆を永遠に保つ方法」を知ってしまってるシンの姿には泣ける。

 ・・・・ほんと、ゼノギアスの500年前の物語がゲーム化してたらこんな風に思いながらプレイしてたんかねぇ・・・・。
 あっちはさらに身も蓋もない焦土と化しますが。

 でも、それでも見たいんだよね。
 本編へとつなぐ物語の最初の話にして、未来へつなぐ物語。
 
 とりあえずあれだー高橋さんのおにーあくまーひとでなしーふうふえんまんー(?)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック