紙幣が新規変更へと。



 今朝、眠いままツイッターのトレンドニュース見たら、これが。

 とりあえず眠気眼のまま「なんとまぁ」というのが心境でしたなぁ。
 つか野口さん樋口さんになってからそんなに経過したのか・・・・。
 なお、いまだに自分の財布(買い替えあり)の中に生息してる新渡戸さん(旧5000円札)・・・・。

 まあ人物としては妥当じゃないかな?って感じですね。
 諭吉さんがさよならしてしまうのはちょっとさびしいですけど、渋沢さんならまあ妥当だし、各々の功績考えたらランクアップ感あってこれはまた的な気分。

 ただ、裏側が・・・。
 1万円札の東京駅丸の内口なのはまあ良いと思う。
 ・・・・地方民ゆえにいまいちピンと来てない感半端ないのですが・・・。
 1千円札の葛飾北斎のかの大作「富嶽三十六景神奈川沖波裏すさび」なのは超豪華感あって好し。
 なんか某北斎さん親子の宝具がこれになったのも納得というかここまで来たら本当に宝具化まったなし、診察千円札が触媒になるの待ったなしになるというか;;

 で、五千円札が「藤の花」って・・・なんそれ、その適当とまではいかないけど、妙に地味というか;;
 他になんか特徴的な風景とかって出来なかったんでしょうかね?

 そこんところがちょっと残念に感じてる。

 とはいえ、2024年をめどに始めるってことなんでそれまで世の中&自分がどう変遷していくのか、デザインも変わる可能性もあるのか気になるところですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック