ファルコムマガジン vol.102




目次


●『イースⅨ -Monstrum NOX-』特集

●漫画『も~っと集まれ! ファルコム学園』

 著:新久保だいすけ

●漫画『英雄伝説 空の軌跡SC ~絆の在り処~』

 著:啄木鳥しんき

●ファルコムニュース

●『英雄伝説 暁の軌跡』特集

●小説『英雄伝説 碧の軌跡 ショートストーリーズ』

 著:田沢大典 イラスト:がおう(Ga-show)


 仕事でばたついてて、FGOで頑張ってたら8月も半分に。

 夏は正直嫌いだ。暑いし、忙しいし。

 面白い同人誌が出たりするから、その点は楽しみではあるんですが。

 それじゃ今回はさくっと書くでー。


 イースは今回は準レギュラー枠の紹介ね。

 イングリド尋問官は恐らくというか間違いなく《ロムン艦隊消失事件》の謎を解くカギを持ってそうなアドルさんとっ捕まえての尋問・・・・といったところか。
 まあ《ナピシュテムの匣》自体が超古代の、ある意味「イースI&II」へと続く発端となった超巨大遺物だし、現実主義な人がああいう話聞いても信じがたいっていうのは分からんでもない。

 せめてアドルさんがあのまま《アルタゴ》行かずに大陸に戻ってたら、今回の捕縛騒動に遭う前に対策取れそうだったんだけどねぇ。

 とりあえず、イングリド尋問官よ、『おとぎ話』の中には時には真実があるし、一部の軍人がそのまま行方不明扱いになったであろう《セルセタの樹海》の存在とか、存在くらい知れ渡ってそうな《天空のイース》とかあるんだし、ばっさり切り捨てるのは話聞く側としてどーよ。


 あ”~~~~プレイしたい。うん。

 んでもってプレイする時間もほしい。

 そしてのんきにプレイできる精神的余裕もほしい。


 まあ、それはさておきで、ファル学の感想書くかー。



2019-08-19-031058.jpg

 今回はザ・肝試しな話。

 東ザナトワ先生による怪談話から本格的な肝試しをすることになって、2人ひと組のペア作って一部の教員たちによるお化け相手に肝試し・・・というのが今回のストーリー。
 怪談かぁ・・・私も怖い話は基本的に駄目だなぁ。
 怖い話怖い話・・・・友人とご飯食べに行って、その帰り道に霊園のど真ん中の国道を通ったのはいいけど(運転はマブが担当)、私がぼんやりお墓場のあるほうを見た瞬間、肩が急激にしびれて、家に帰ってもしばらく治らなかったことかな?
 ちなみにどう対処したのかというと、お風呂場で母に頼んで塩まいたら収まりました。
 あれはいったい何だったのか・・・・。

 なお、その肝試し大会はラッピィ校長による「生徒の判断能力テスト」も兼ねているそうだけど、その陰では魔王ガルシスと、塩教授ことワイズマンの影がちらほらほら嫌がらせ~な感じでちらついており・・・まああれはほっといても害ないでしょう(酷)

 ちなみにティータちゃんとレンちゃんは同じペアで、エステルはヨシュアと。

 ヨシュアのナルシーぶりさには流石のエステルも辟易してるところあるけど、そういうところはブレないなぁ(こなみ)

 なお、アドルさんは・・・歴代イースヒロインズ(一部除く)から壮絶な視線を向けられ・・・その辺は後ほど。
 何気にアドルさんに視線向けてるキャラの中で、フィーナはいるけど、レアはいないんだよねぇ。

 レアはあれだろうなぁw
 常日頃のキャラを隠し、トール兄と一緒に肝試しやって「キャー///」とベタなことやって、トール兄も猫かぶりは普通に気づいていても、まんざらではなく・・・・普通にデート過ぎてて尊すぎて死ねる。映像を見せろーーーー!!!w
 なお、一方でユーゴ君は3人の女性たちがモメにモメて、ドつき合いに発展してたとか何とか。
 ザバが魔法による遠距離攻撃系で、ミュシャが回復中心で、エポナが武器による近距離系かぁ・・・。
 存外耐久が可能なミュシャが有利か?

 ガガーブ組は見せなかったけど、「白き魔女」のジュリオとクリスはまあ普通に肝試ししてそうだし(ジュリオってお化け苦手だっけ?)

 「海の檻歌」のフォルトとウーナはっていうか、ウーナちゃんは二人きりになったのをいいことにフォルトに告白しようとしたけど、そこへ現れたのはガチな恐怖のおバケ出現!(中身:マクベインのじーさん)
 そして逃げ惑って告白する機会をまた逃し~w

 「朱紅い雫」のアヴィンは・・・・というか、誰がアヴィンと組むかで、アイメル、ルティス、アルチェム、そしてマイル(ん?)で揉めて、公平を喫するために第三者作成によるあみだくじでペアを決めようとしたけど、そのあみだくじを作ったのは実はエマさんで・・・あとは書く必要ないネ!!!w

 あと「白き魔女」から魔法少女ことゲルドとイザベルは・・・・あかん。
 あの子たちは怖がって逃げるというよりも、イザベルが「どれだけお化けを倒せるか勝負よ!」って持ち掛けられて、真っ先にレバス君が変装してるお化けが吹っ飛ばされる未来しか見えない・・・w

 他にはアルティナとミリアムちゃんがペアを組んでて、アルティナちゃんのから回りっぷり差が何とも言えないけど・・・・うん、可愛いなぁw

 それで、アドルさんというか、イースヒロインズ(一部)によるあみだくじ大会はリリアが勝ち取ったんだけど・・・・どうしてああなった?

 一方、アドルさんはアドルさんで、自分のお墓を発見しましたが・・・あぁ、ファミコン時代とかかーなーりー大昔のゲームって、他企業の主人公の墓を平気でゲームで作ったりしてるからねぇ・・・・。
 リンクとか、ロトとかw

 一方ロマンシアの皇子(全裸)はセリナ姫と王道でペアだったんだけど・・・・ロマンシアでドリキャスとか出てたって言う事実のほうに驚いたよ!!!
 っていうか、最近の若い者はドリーム・キャストとか知らんだろなぁ・・・ワンダースワンとかもだけど。
 後者は開発者の方が事故死したのが原因で頓挫で、前者は・・・・切り捨てるのが早すぎたのがねぇ。
 ぶっちゃけ今思い返しても結構な高性能ハードだったし本当に惜しかったと思うぞ。

 一方の魔王ガルシス+塩教授は生徒たちに嫌がらせ・・・もとい恐怖を与えるべくかつての霊を呼び出してたが・・・エリィに料理された食材たちではエリィさんの図太さ(?)にかなうはずもなくw
 かといって、ガイ・バニングスとかもう涅槃の住人となった人物を呼び出したところで・・・恐怖与えたいなら、そういう霊を洗脳させて恐怖のお化けに仕立て上げなさいよ・・・・w

 つーかね、《ザナドゥ》での英雄の召喚って、「その時」「その瞬間」「その時代」の人物を切り取るかのような形で召喚してるようなものだから、時系列なぞ本当に関係ないからね。
 でないと、おおよそ55年くらいの時代があるガガーブ三部作とか説明できないしw(マックじいさんとか「白き魔女」のころじゃ確実に死んでんじゃん!!!なキャラが割と結構いそうなのがなんともw 

 つまり普段やってるのとそうそう変わらないんだよねぇw
 大体死んでもなんか変わらなさそうなキャラを何故呼び出したのかw
 まあ考えたら「《理》で何度も死に戻りされるのやーだー!ズルして強くてニューゲームやって他世界に進出してやるぅ!!!」とか言ってそれやったのはいいけど、あろうことか、空間感応能力及び参謀能力と魔術関連がチートぶっちぎってるミッシェルさんが召喚されてた周でそれやったもんだから、計画バレてミッシェルさんが気合いで再召喚できるように画策して阻止されたっていう、考えたら結構情けない感半端ない魔王が考えた計略だしなぁ・・・詰め甘過ぎるのはしょうがないのかもしれないw

 さてお次は「空の軌跡SC」ですが、それはまたいつも通り別の記事で。
 夏はねー忙しいのよー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント