歴史ものの宿命ではあるが



 本当。なんでツイッターのを直接書き込めないんだろう・・・・。

 「信長のシェフ」村上海賊編いよいよ最終章です。



以下ネタバレ







 竹中の半兵衛殿が逝っちゃいましたね・・・・。
 いや、元から信長より前に死ぬ人っていうのは知ってましたし、なんとなく間に合わないのかも予想はできてましたが、なんだかんだで読み始めたころにはいたキャラだから、本当に死ぬのが悲しい(´;ω;`)

 秀吉とのタッグが面白かっただけに、秀吉陣営は色んな意味で痛手だよね・・・。
 というか、晩年の秀吉とか見てるとこの人が前にケンに言ってた「あの人の笑顔が好き」っていうのがすんごっく悲しい。


 他にも今回、村上海賊の末がモノローグの形で語られてましたが・・・・そうか、元吉の末路ってそういう感じだったのか・・・。
 ネタバレになるのが嫌で、歴史の知識も基礎知識に色んなところから知った程度の内容でしか知らないだけに、ああいうのを知るとまた感覚が違いますよね。

 にしても、時々「信長の死後の出来事」がモノローグで語られるときがあるけど、この世界じゃ本当にどうなっちゃうんだろう?
 そもそも「信長が生き残ったIF」とか存外想像できないし。
 ケンもケンで、なっちゃんといい加減添い遂げてほしいんだけど、あと数年で本能寺の変が来るから・・・どうなっちゃうんだ;;

 何にせよ、今後が気になりますし、本当に怖いですよね・・・・。


 何はともあれ・・・竹中半兵衛殿、お疲れ様。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント