帝都《アグニラータ》終了

EcLJpU_UYAAYRaL.jpg

 『ゼノブレイドDE』発売から幾日・・・。
 先日やっと帝都《アグニラータ》に到着して、本日やっと終わりました。
 フィオルン使ってて楽しい。

 まあ時間かかったのはのんびりやってたのもあるけど、《落ちた腕》以降の敵がもし金箱ドロップした場合、低確率で入ってるアーツレベル最大にできるアイテム『上級書』
 これ手に入れるために頑張ってました。
 もし金箱ドロップした場合はその場でセーブして、違ってたらロード・・・・の繰り返し。
 視界に入ったらバトル開始!な敵もいますが、それでもデータロード直後の一瞬程度なら宝箱開けられますし。

 ちなみに確実に金箱ドロップする名あり系の場合は普段の位置からある程度移動させて戦闘します。
 おかげで時間がかかるかかる・・・w
 何せ攻略本(Wii版でも問題ないのが便利)片手に倒した敵の名前からどんな上級書を落とすのかチェックしながらですし。
 ただ団体戦で誰が落としたのか分からない金箱を確認してたらフィオルン最終技の「ファイナルクロス」がスルっと出てきたときは心底ぽかんになりましたねw

 あと《機神フィールド》から帝都《アグニラータ》はストーリーの展開上ユニーク制覇に制限があるからね。
 ゼノブレの戦闘は分かりやすくって楽しいからいいけど結構苦労しました。

 《将星のオラシオン》、《聡明のグレモリ》のようなスパイク持ちはある程度レベルを上げてからチャレンジするか、カルナとリキに回復サポートさせてひたすら殴るか・・・。
 オラシオンは前者で行けれたけど、グレモリはHP管理がきつかったなぁ。

 で、その中で最もレベルが高い名あり系《王城のモルドレッド》ですが(ガウェインとランスロットとガヘリスはいるのにトリスタンがいない・・・)あれは上手く場所を利用して、高い位置で戦いました。
 そもそも要塞型相手に低所で戦えるかってやつです。

EcQH_qpUMAEPCNt.jpg

 こんな感じ。倒せた瞬間を撮影できればよかったんですが、それどころじゃなかったからねぇ。
 てか時々カルナやダンバンさんがわざわざ低所に移動しに行くので呼び戻すのに苦労しましたw

 さて・・・帝都編も終わり、あとはエギルとの決着だけになりましたが・・・ここから始まるんですよね・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント