「秘密のレストラン」が刊行されたようです





 ない!!!

 ・・・・開幕カラーページからして何事かと思ったけど、そういうことか・・・w



 そんなわけでカヤタンこと茅田砂胡女史の新作「テオの秘密のレストラン」が発売されたようで・・・。
 いやはや・・・・やっと出たよ・・・。

 前の時から4カ月たったころから、「そろそろ出たかなー?まだかなー?」と本屋の売り場をかくにんすること数カ月、今日何気なくふらっと立ち寄った本屋で発見しましたよー。
 で、帰ってから早速ぱっぱと読んで、今はのんびり読んでるところ。

 話としては、最早常連エピソードになってる「テオドール・ダナー」のメイン。
 連日大賑わいなレストラン「テオドール・ダナー」のサイトからいきなり(誰も知らない)臨時休業の告知。
 料理の神様のテオが本人も知らないうちの失業の危機なのか!?というか倉庫にある備品財宝の山はどうするのか!そもそもサイトに謎の告知を出したのは誰なのか!!!?

 から始まる内容でございます。
 ・・・・死してなお、っていう言葉があるけど、あの人どこまで先読みしてたんだ・・・・;
 っていうか、まともなバックアップがいる前提の内容になってませんか?

 
 まあ今回、派手なアクションはないし、しょーもない程度のしれた悪役(笑)キャラとかは出てこない、ある意味淡々とむさいおっさんと、黒い天使が無双する話だけど、


ものすんごい、飯テロな内容になってます。

 


 
 確認ついでに読み直すんじゃなかった・・・マジでホットドッグ食べたくなってきたぞ・・・w
 確か冷蔵庫にロングウインナーがあるはずだから、明日食パンと一緒に食べるかぁ?

 あと、黒い天使よ、いいトシしたおっさん(属性:政治家)相手にあんまりいじめてやるなw
 そりゃ最近出番なかったほうだけどさーあそこまでいくとほとほと哀れだぞw
 時々巻き添え食ってる補佐官も気の毒に・・・w

 ・・・・もっとも

サフノクスの某大学生「え?いじめてないよ?wお願いしてるだけだよw」

 って言うんだろうなぁ・・・素で。

 まああんなこと考えて縁作っちゃったヴェラーレンの奴が悪いよーヴェラーレンがー。

 そんな感じで「トゥルーク」の時みたいなアクションとかはないですねい。
 いつものように、なろう系とは違うけど、超人たちがなんかすげーことを、やってるお話です。

 長く出て劣化するキャラも出てくる中、妙に劣化もせずそのままを維持してる分、読んでるこっちの精神衛生も大丈夫ですし、たまにはこういうのも悪くないですな。
 

"「秘密のレストラン」が刊行されたようです" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント